中条 満秀(ちゅうじょう みつひで、生年不詳 - 応永19年10月16日1412年11月23日))は室町時代前期の武将。室町幕府奉公衆三河国高橋荘愛知県豊田市地頭。衣城主。五郎、備前五郎と称す。官途は右衛門尉。左衛門少尉となった可能性もある。父は中条詮秀。弟に中条満平がいる。

略歴編集

室町幕府第3代将軍足利義満から一字を賜り満秀と名乗る。『後鑑』に義満の供奉として康暦元年/天授5年(1379年)7月25日に登場するのが最初で、以降明徳3年/元中9年(1392年)8月28日まで幕府出仕の記録が見られる。既に家督を譲られていたと思われるが、応永19年(1412年)10月16日、父に先立って没する。生誕年不詳のため享年も不明。

息子たちはまだ幼少であったらしく、彼の死後、弟の満平中条家の家督を継ぎ惣領となった。その息子たちとは、中条左衛門少尉(実名不詳)と、第4代将軍・足利義持から1字を受けた持保(もちやす)、持平(もちひら)、持家(もちいえ)とされている。

参考文献編集