メインメニューを開く

中根 正照(なかね まさてる)は、戦国時代武将徳川氏の家臣。松平信康家老二俣城主を務めた。

 
中根 正照
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 元亀3年12月22日1573年1月25日
主君 徳川家康松平信康
氏族 中根氏
父母 父:中根正昭
テンプレートを表示



出自編集

中根氏愛知郡中根の豪族で桓武平氏の流れを汲む平忠正の末子と称した中根正持が祖となる。正行の代より松平清康広忠に仕え中老となり、子孫は江戸時代大身旗本となる。

略歴編集

中根正昭の子として誕生。永禄11年(1568年)、三河国徳川家康遠江国に侵攻して二俣城を奪う。そして、中根正照を城主、青木貞治松平康安らを部将として入城させた。しかし元亀3年(1572年)10月、武田信玄に攻められ奮戦空しく降伏・開城する(二俣城の戦い)。二俣城には、信玄の家臣の芦田信守信蕃父子が入城し、正照は開城後、浜松に帰還した。ところが、それを知らなかった家康は二俣城の救援に向かい、武田軍と激突し惨敗して浜松に敗走してしまう。主君を空しく帰らしめたことを深く恥じた正照は、元亀3年12月22日(1573年1月25日)の三方ヶ原の戦いにおいて、二俣城開城の恥辱を雪がんとして奮戦したが、徳川軍は武田軍に大敗。正照は討死を遂げた。

脚注編集

関連項目編集