メインメニューを開く

経歴編集

応用化学者・中沢岩太の長男[1]日本に野球を伝えたと言われるホーレス・ウィルソンから指導を受けた東京開成学校の生徒だった父親の影響で野球に関わるようになり第三高等学校では三塁手としてプレー[2]

1906年東京帝国大学工科大学応用化学科を卒業後、1911年九州帝国大学教授。1912年工学博士(九州帝国大学)。1914年京都帝国大学工学部の教授になり、工学部長を経て、1944年退官・名誉教授

1948年から日本中等学校野球連盟の二代目会長に就任し、1966年8月28日に亡くなるまで高校野球の発展に尽力した[2]。また、1949年から1962年まで京都工芸繊維大学の初代学長を務めた[3]1965年、「アマチュア野球、ことに高等学校野球の育成、発展に多年尽くした功績」により朝日文化賞を受賞[4]

1991年野球殿堂入り。

栄典編集

著書編集

脚注編集

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『中沢良夫』 - コトバンク
  2. ^ a b 『野球殿堂 2012 The Baseball Hall of Fame』(2012年、ベースボール・マガジン社)、P.102
  3. ^ 京都工芸繊維大学概要2012
  4. ^ 朝日賞 1965(昭和40)年―1974(昭和49)年の受賞者”. 2019年2月9日閲覧。
  5. ^ 『官報』第2106号「叙任及辞令」1919年8月12日。

外部リンク編集