メインメニューを開く
地質時代 - 顕生代
累代 基底年代
百万年前
顕生代 新生代 第四紀 2.58
新第三紀 23.03
古第三紀 66
中生代 白亜紀 145
ジュラ紀 201.3
三畳紀 251.902

古生代 ペルム紀 298.9
石炭紀 358.9
デボン紀 419.2
シルル紀 443.8
オルドビス紀 485.4
カンブリア紀 541
原生代 2500
太古代(始生代) 4000
冥王代 4600

中生代(ちゅうせいだい、: Mésozoïque: Mesozoic era)は、古生代・中生代・新生代と分かれる地質時代の大きな区分の一つである。約2億5217万年前から約6600万年前[1]に相当し、恐竜が生息していた時期にほぼ対応する。

中生代は、さらに以下の3つのに細分される。

目次

三畳紀編集

  • 約2億5217万年前〜約2億130万年前[1]
  • 爬虫類から、恐竜が出現。
  • 単弓類哺乳類の系統とわずかの小型種を除いて絶滅。

ジュラ紀編集

  • 約2億130万年前〜約1億4500万年前[1]
  • 恐竜が繁栄、原始的な鳥類の出現、被子植物の出現。

白亜紀編集

  • 約1億4500万年前〜約6600万年前[1]
  • 恐竜の繁栄が継続。
  • 白亜紀末(K-T境界,K-Pg境界)に地球規模の大絶滅が起こり、恐竜類は鳥類を除いて絶滅した。(ただし、アラモサウルスなどのごく一部のはこれを生き延びた可能性がある[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d INTERNATIONAL CHRONOSTRATIGRAPHIC CHART (国際年代層序表) (PDF)”. 日本地質学会. 2015年5月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月19日閲覧。
  2. ^ 読売新聞、2011年2月5日22時8分配信

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

  • 仲田崇志 (2009年10月29日). “地質年代表”. きまぐれ生物学. 2011年2月14日閲覧。