メインメニューを開く
地質時代 - 顕生代[1][2]
累代 基底年代
Mya[3]
顕生代 新生代 第四紀 2.58
新第三紀 23.03
古第三紀 66
中生代 白亜紀 145
ジュラ紀 201.3
三畳紀 251.902

古生代 ペルム紀 298.9
石炭紀 358.9
デボン紀 419.2
シルル紀 443.8
オルドビス紀 485.4
カンブリア紀 541
原生代 2500
太古代(始生代) 4000
冥王代 4600


三畳紀(さんじょうき、Triassic period)は、現在から約2億5100万年前に始まり、約1億9960万年前まで続く地質時代である[4]トリアス紀(トリアスき)と訳すこともある。三畳紀の名は、南ドイツで発見されたこの紀の地層において、赤色の砂岩、白色の石灰岩、茶色の砂岩と堆積条件の異なる3層が重畳していたことに由来する。

中生代の最初の紀であり、ペルム紀(二畳紀)の次、ジュラ紀の前にあたる。開始および終了の時期は、研究者やその学説によって、いずれも互いに1000万年前後の年代差がみられる[注釈 1]

目次

編年と時期区分編集

 
三畳紀のアンモナイト(アメリカ合衆国ネバダ州出土)
 
エンクリヌス・リリイフォルミス(ドイツ/ムッシェルカルク層出土)

「三畳紀」の名称は冒頭に掲げた通り、二畳紀(ペルム紀)の上層に、上位より、

  • コイパー砂岩<Keuper(en)> —— 上畳統
  • ムッシェルカルク<Muschelkalk(en)> —— 殻灰統
  • ブンテル砂岩<Bunter(en)またはBuntsandstein(en)> —— 斑砂統

の3層が重畳していることにより、ドイツの地質学者フリードリヒ・フォン・アルベルティen)が1834年に命名したことに由来する[5][6]

しかし、実際にはドイツ周辺の海成層は三畳紀中期に属する年代のものに限られるため、三畳紀全体を通しての編年にはアルプス山脈ヒマラヤ山脈、および北アメリカ大陸北部における海生動物の化石に富む地層も併用され、これらを標準として国際的な時期区分が設定されている。以下、一般的な3期6階の国際的時期区分を示す[5]。なお、括弧内にはドイツ周辺の地層との関係を示している。

  • 前期
    • スキティアン階(ブンテル)
  • 中期
    • アニシアン階(ブンテル/ムッシェルカルク)
    • ラディニアン階(ムッシェルカルク/コイパー)
  • 後期
    • カーニアン階(コイパー)
    • ノリアン階(コイパー)
    • レーティアン階(コイパー/レエティク)

ヨーロッパにおいて、ブンテルは浅い凹地に堆積した色鮮やかな堆積物を含有する系列、ムッシェルカルクは貝類化石をともなう石灰岩系列で、コイパーは、厳しい乾燥を示す岩塩石膏の層をともなう大陸の堆積物の系列として知られてきたが、こんにちでは第4の系列としてレエティクが含まれ、三畳紀最新の地層に位置づけられている[7]

概要編集

ペルム紀末の大量絶滅編集

古生代最後のペルム紀と中生代最初の三畳紀の境目(P-T境界)には世界的な海退があり、地球史上最大の大量絶滅があったとされる(ペルム紀末の大量絶滅)[5][注釈 2]地球内部からのスーパープルームによる火山活動シベリア台地玄武岩の形成)などにより、地球上の生物種の90パーセントないし95パーセントが絶滅したともいわれている[8]。また、古生代末には現在の南半球に相当するゴンドワナ地域に広い範囲に氷河が広がっていたことが、氷成礫層(ティライト)や氷河擦痕、氷稿粘土などの多くの痕跡によって確認されている[6]

三葉虫や方解石サンゴ、紡錘虫類などは絶滅し、それまで繁栄していた単弓類などがのレベルではほとんどが絶滅して、大きく衰退した[9]軟体動物では、さまざまな二枚貝が死滅し、ゴニアタイトが絶滅するなどアンモナイト類を含む巻貝も大きな打撃を受け、腕足類もまたスピリファをのぞくすべてが滅んだ[7][9]棘皮動物においても同様の傾向がみられ、海生生物の多様性は著しく損なわれた[5][9]

三畳紀の自然環境編集

古生代末、ほとんど全ての大陸が合体し、三畳紀には北極から南極に至るパンゲア大陸と呼ばれる超大陸が形成された[5]。また、山地をくずして内陸部に広大な平野をつくる陸地の平原化現象がおおいに進行した。内陸部の平野には乾燥気候の影響で砂漠化の進行がいちじるしく、赤色のが堆積していった[10]。砂漠のところどころにはオアシスが点在した[10]

パンゲア大陸の周囲には、パンサラッサと称されるひとつながりの巨大な海洋と、大陸の東側にはテチス海と呼ばれる湾状の海が広がり、一部は珊瑚礁となっていた。

古生代終期に寒冷化した気候も、三畳紀を通じて気温は徐々に上昇していったものと推定される。ペルム紀に30パーセントほどあった酸素濃度も10パーセント程度まで低下し、ジュラ紀頃までの約1億年間、低酸素状態が続いた。

三畳紀は、広大な大テチス地向斜の発展がみられた時期と考えられている[7]。この地向斜から、2億もの年月を経たのち、アルプス・ヒマラヤ造山帯など新期造山帯と称される若い山脈が形成されていくものとみられている[7]

三畳紀の生物編集

 
ベレムナイト(推定図)

ペルム紀末の大量絶滅の後、空席になったニッチ(生態的地位)を埋めるように、海生生物では、古生代型の海生動物にかわって、新しい分類群がつぎつぎに出現した。六放サンゴやさまざまな翼形(よくけい)二枚貝などが発展するようになり[5]、アンモナイトは、中生代まで生き残った数種をもとにセラタイト型が爆発的に増えた[9]。また、類縁するベレムナイトが著しく多数にわたって現れた[7]。棘皮動物のうちウニ類は古生代においてはまだ十分な発達をとげなかったが、中生代には急激に進化しはじめ、多くの種を生じた[6][注釈 3]。このような新しい種の出現によって、三畳紀後期にはいったん損なわれた生物多様性を再び回復した[5]

三畳紀の海成層示準化石として重要なものとしては、セラタイト型アンモナイト、翼形二枚貝(ダオネラ、ハロビア、モノティス等)のほか、原生動物放散虫、貝蝦(エステリア)、ウミユリ(棘皮動物)の一種エンクリヌス・リリイフォルミス[注釈 4]があり、状の微化石コノドントは生物学上の位置づけが未解決の部分もあるが、層位学的にはきわめて重要である[5][6]。なお、ダオネラは、現在のホタテガイに近縁する絶滅種であり、ダオネラ頁岩は堆積学的見地からも重視される[6]

 
三畳紀後期に生息していた原竜脚類テコドントサウルス
 
最古のカメ、オドントケリスの化石実測図

これに対し陸上の動植物はペルム紀中に大変革を終えており、P-T境界においては海生生物におけるほどの劇的な変化をともなっていない[5][6]。ペルム紀においてすでに主竜類などをはじめとする爬虫類が水中のみならず陸上生活に適したものが増加し、三畳紀には体躯の大きなものも出現して繁栄した[6]。主竜類の中から三畳紀中期にはエオラプトルヘレラサウルスなどの恐竜翼竜ワニが出現、また主竜類に近い系統からカメ類が現れた[11]。爬虫類はまた、肺呼吸を完全にし、種類によっては皮膚ウロコや硬い甲羅でおおうことによって乾燥した陸地への生活に適応していった[10]

この時代の恐竜(初期恐竜)は、陸生脊椎動物のなかにあって特に大型であったわけではなく、初期恐竜と併存していた恐竜以外の爬虫類のなかに、それよりもはるかに大きく、個体数の多い種もあったと推定される[11]。中でもこの時代にワニ類を輩出したクルロタルシ類は繁栄の絶頂にあり、陸上生態系において支配的地位を占めていた。三畳紀の恐竜化石は特に南アメリカ大陸で多数検出されており、北米・アフリカヨーロッパなどでも確認されている[11]湿地帯などにのこされた爬虫類の足跡化石が多く発見されるようになるのも三畳紀に入ってからであり、これにより、肉食種が植物食種を捕食するシステムが成立していたことが推測される[6]。カメは、現存種には歯のある種はないものの、オドントケリスプロガノケリスなど初期のカメには顎に歯があったことが確認されている[7]。また、四肢は現在のゾウガメに類似しており、陸上生活者であると考えられている[11]。三畳紀のワニ類もまた陸上生活者であり、全長は1メートルにおよばなかった[11]

最初の哺乳類が現れたのも三畳紀であった[7]。哺乳類は、中生代を通じて小型であり、大きくてもネコ小型犬ほどの大きさであり多くの種はドブネズミハツカネズミの大きさほどしかなかった[11]

三畳紀には、従前は陸上でしかみられなかった爬虫類であったが、三畳紀に入ってその一部が海に進出した[11]イクチオサウルスなどの魚竜や、泳ぐのに特化したひれ状の足をもつプラコドンなどの鰭竜類Sauropterygia)、タラットサウルス類、板歯目などがそれである[7][11]

魚類のうち、サメのなかまはペルム紀末の大量絶滅によって打撃を受け、その繁殖は限定的であったが、硬骨魚類は海中において顕著に繁殖した[12]両生類は、中期に体長5メートルを越すと推定されるマストドンサウルスがあり、これは史上最大級の両生類の一つと考えられている。両生類には、分椎目アファネランマに代表されるトレマトサウルス類のように海水に適応した種さえあったが、三畳紀を通じてその多くは衰退していった[13]

 
三畳紀の植生想像図

陸上の植物ではシダ植物裸子植物が著しく分布域を広げ[5]ボルチアやアメリカ合衆国アリゾナ州におけるアラウカリオキシロンの珪化森林にみられるようにマツスギの遠祖となる針葉樹が現れた[10]種子植物でありながら独立した精子をつくるイチョウ類ソテツ類ベネティティス類も多かった。湿地帯には、現在のシダ植物ヒカゲノカズラ科の類縁種である古代リンボクが豊富にのこり、シダトクサも密に分布した[7]。また、古生代後期からひきつづき、ゴンドワナ植物群とアンガラ植物群とが植生を競いあっていた[5]

三畳紀の終わり編集

三畳紀の終わりに、再びやや小規模な大量絶滅があった。海洋ではアンモナイトの多くの種が姿を消し、魚竜などの海洋棲爬虫類も打撃を受けた。陸上ではキノドン類ディキノドン類の大半の種といった大量の単弓類(哺乳類型爬虫類)が絶滅した[11]。三畳紀の終末を生き延びた恐竜など陸生脊椎動物は、繁殖様式(など)や生活様式から乾燥にとくに強いタイプのものと考えられる[11]。また、爬虫類も単弓類同様に大型動物を中心に多くの種が絶滅した。まだ比較的小型だった恐竜は、三畳紀末期には竜脚類のような大型種も出現し、そののち急速に発展していく。絶滅の原因としては、直径3.3 - 7.8km程度の隕石の落下[14]あるいは、中央大西洋マグマ分布域(Central Atlantic Magmatic Province)における火山活動との関連が指摘されている[15][16][17]

三畳紀の地層編集

三畳紀の地層を三畳系という。

三畳紀には大規模な海進はなかったとみられており、そのため、安定陸塊においては陸成層や台地玄武岩が卓越し、海成層の分布はほとんどみられない[5]。一方、テチス海域だった地域および大洋周囲の変動帯ないし準安定地域だった地域には、しばしば珊瑚礁由来の石灰岩や層状チャートをふくんだ三畳系海成層もみられる[5]

三畳紀の日本編集

日本の三畳系は、ふるくは分布範囲はきわめて狭小であるとみなされてきたが、一時期古生代に属すと考えられてきた外帯(太平洋側)のチャート層や石炭岩からコノドント化石が見つかり、これによって三畳紀の地史が大きく解明された。すなわち、従来古生代後期の地層とされてきた海洋性の石灰岩やチャート、また、海底火山岩のうちのかなりの部分が三畳紀に形成された地層であるとみなされるようになった[5]。一方、内帯(日本海側)および外帯一部には、三畳紀にすでに付加された古生代の地層と三畳紀前後に形成された花崗岩および広域変成岩が分布して、これらを基盤として三畳紀後期における陸棚性・瀕海性の厚い堆積物が比較的小範囲に点在する。その多くは炭層をふくみ、産出化石はシベリア方面の種との共通性を示している[5]

皿貝動物群編集

北上山地南部の太平洋沿岸にある宮城県南三陸町皿海集落には三畳系後期ノリアン階の貝化石産地があり、集落名を採って「皿貝動物群」あるいは「皿貝化石群」と称される。ここでは、モノティスと称される翼形二枚貝の検出が特徴的である[6]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 速水格は約2億4200万年前から約2億800万年前までの約3400万年間を想定しているが、重慶自然博物館(中華人民共和国)製作の図録『掘りたて恐竜展 展覧会図録』では2億4800万年前から2億600万年前までと説明している。なお、約2億5100万年前に始まり、約1億9960万年前までとしているのは仲田崇志である。
  2. ^ 大量絶滅については、氷河作用、隕石の衝突、巨大大陸パンゲアの出現、海退、大陸棚の激減などさまざまな説明がなされるが、いずれも決定的な証拠を欠いている。寒冷化や一種の毒素の蔓延などを仮説として説明しようとする立場もあり、また、これら諸要因が複合したのではないかとみる立場もある。フォーティ(2003)pp.305-312
  3. ^ オーストリア共和国チロル州のセント・カシンは、キダリスと称されるウニ化石の産地として著名である。
  4. ^ 「ユリ型をしたウミユリ」という意味。

出典編集

  1. ^ 基底年代の数値では、この表と本文中の記述では、異なる出典によるため違う場合もある。
  2. ^ 基底年代の更新履歴
  3. ^ 百万年前
  4. ^ 仲田崇志「地質年代表-中生代」
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 速水(2004)
  6. ^ a b c d e f g h i 浜田・益富(1966)pp.77-83
  7. ^ a b c d e f g h i クルテン(1983)pp.95-99
  8. ^ パウエル(2001)
  9. ^ a b c d フォーティ(2003)pp.305-312
  10. ^ a b c d 斎藤(1979)pp.24-31
  11. ^ a b c d e f g h i j 「三畳紀の世界」『掘りたて恐竜展 展覧会図録』
  12. ^ ルッキェリ『生物の上陸』(1982)pp.99-102
  13. ^ ルッキェリ『生物の上陸』(1982)pp.102-110
  14. ^ [http://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2013_file/20130916-18.pdf 岐阜と大分から巨大隕石落下の証拠:最大で直径約8kmと推定 (PDF) 海洋研究開発機構
  15. ^ Hesselbo, S.P.; Robinson, S.A.; Surlyk, F.; Piasecki, S. (2002), “Terrestrial and marine extinction at the Triassic-Jurassic boundary. synchoronized with major carbon cycle perturbation: A link to initiation of massive volcanism”, Geology 30: 251-254 .
  16. ^ McElwain, J.C.; Beerling, D.J.; Woodward, F.I. (1999), “Fossilplants and global warming at the Triassic-Jurassic boundary.”, Science 285: 1386-1390 .
  17. ^ McElwain, J.C.; Hesselbo, S.P.; Haworth, M.; Surlyk, F. (2007), “Macroecological responses of terrestrial vegetation to climatic and atmospheric change across the Triassic/Jurassic boundary in East Greenland.”, Paleobiology 33: 547-573 .

参考文献編集

  • 浜田隆士益富壽之助『原色化石図鑑』保育社、1966年9月初版。ISBN 4-586-30048-5
  • 斎藤常正『世界の恐竜』講談社、1979年6月。
  • グイド・ルッキェリ原著『図説自然と人間の歴史6 生物の上陸』小学館、1982年3月。
  • B.クルテン『恐竜の時代』平凡社、1983年6月。
  • ジェームズ・ローレンス・パウエル 『白亜紀に夜がくる-恐竜の絶滅と現代地質学』 寺嶋英志・瀬戸口烈司訳、青土社2001年ISBN 4791759079
  • 周世武・平山廉監修「三畳紀の世界:恐竜の登場した時代(2億4800万年前-2億600万年前)」『重慶自然博物館所蔵 掘りたて恐竜展 2001-2002[展覧会図録]』RKB毎日放送、2001年。
  • リチャード・フォーティ『生命40億年全史』草思社、2003年3月。ISBN 4-7942-1189-9
  • 速水格「三畳紀」小学館編『日本大百科全書』(スーパーニッポニカProfessional Win版)小学館、2004年2月。ISBN 4099067459

関連項目編集

外部リンク編集