中相知信号場(なかおうちしんごうじょう)は、かつて佐賀県東松浦郡にあった、日本国有鉄道(国鉄)唐津線信号場廃止)である。相知炭坑駅(貨物駅)に向かう貨物支線を本線から分岐するために設けられた単線分岐型の信号場であったが、1966年昭和41年)頃に廃止となった。

中相知信号場*
なかおうち
Nakaouchi
本牟田部 (2.6 km)
(1.5 km) 相知
(0.7km) (貨)相知炭坑
所在地 佐賀県東松浦郡
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 唐津線(貨物支線)
キロ程 5.4 km(山本起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1905年明治38年)10月22日[1]
廃止年月日 1966年昭和41年)頃[1]
備考 廃駅
*1915年に中相知聯絡所から変更。
テンプレートを表示

歴史 編集

隣の駅 編集

日本国有鉄道
唐津線(貨物支線)
本牟田部駅 - 中相知信号場 - 相知駅
本牟田部駅 - 中相知信号場 - 相知炭坑駅

脚注 編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、721頁。ISBN 978-4-533-02980-6 

関連項目 編集