メインメニューを開く

中西 耕石(なかにし こうせき、1807年文化4年) - 1884年明治17年)1月9日)は、江戸時代後期から明治時代の日本画家筑前国芦屋中小路(福岡県芦屋町)出身。名を寿平、後に寿。字は亀年。別号に竹叟、筌岡など。山水画、花鳥画に優品を残した。

経歴編集

生家は陶工とも紺屋とも言われるがはっきりしない。若くして上洛し、京都松村景文に師事し四条派を学ぶと、大坂に出て漢学の篠崎小竹の門下となり、再び京都に戻ると小田海僊南画を学び名声を得て、1882年(明治15年)には、京都府画学校の教授に就任した。

作品編集

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
江村雨後・溪山雪霽図屏風 紙本墨画淡彩 六曲一双 155.0x363.0(各) 個人[1] 1856年(安政3年)
渓山雪霽図 絹本著色 1幅 119.3x51.2 下関市立美術館 1862年文久2年)
秋渚晩霽図 絹本墨画淡彩 1幅 128.9x50.0 泉屋博古館 1873年(明治6年)[2]
桃花流水図 絹本著色 1幅 152.7x84.3 泉屋博古館 江戸後期から明治時代 款記「桜花流水/曽見王石谷有此本/耕石道人寫意」/「壽平」朱文方印。「西壽」白文方印[3]
竜虎図屏風 紙本墨画 二曲一隻 154.5x173.0 個人(八幡市立松花堂美術館寄託 明治時代

その他編集

脚注編集

  1. ^ 堺市博物館編集・発行 『堺市博物館秋季特別展 近世の大阪画人―山水・風景・名所―』 1992年10月10日、第63図。
  2. ^ 泉屋博古館編集 『泉屋博古 近代日本画』 公益財団法人 泉屋博古館、2017年2月25日、p.218(写真なし)。
  3. ^ 泉屋博古館編集 『泉屋博古 近代日本画』 公益財団法人 泉屋博古館、2017年2月25日、pp.22,179。

参考文献編集

  • 渡邊善造「南画家中西耕石」