中谷 百合(なかたに ゆり、1962年3月22日 - )は、NPO法人犬猫みなしご救援隊の代表。

経歴 編集

1990年に個人で野良猫の保護活動を始める[1]1995年9月には、母体の「動物愛護団体・犬猫みなしご救援隊」と設立し[要出典]2004年にNPO法人となる[要出典]。また、動物愛護の啓発活動に取り組む傍ら、動物病院の看護師として働く[2]。「動物保護のカリスマ[3]」と言われ、犬の保護に関するドキュメンタリー映画『犬に名前をつける日』でもとりあげられた[1]

NPOの立ち上げ 編集

2012年、広島市の動物管理センターから猫の全頭の引き受けを始める[4]

2011年3月20日には、東日本大震災で取り残された300匹以上の被災動物の救済活動を始める[5]。この活動は写真で記録され、写真集『鼓動 感じて欲しい小さな命の重み』(書肆侃侃房、2012年)として刊行されている[6]

2017年、岡山市センターから殺処分される犬の引き取りを始める[7]

脚注 編集

  1. ^ a b CAST|映画『犬に名前をつける日』公式サイト”. www.inu-namae.com. 2019年9月30日閲覧。
  2. ^ 「障害犬急増、関心持って ペットブーム 安易に交配 疾患協会「法規制を」」『読売新聞』2010年10月4日、西部夕刊、p. 8。
  3. ^ NEWS・小山慶一郎、『NEWSな2人』で「宇宙一かわいい」「デレデレ」と堂々ノロケのワケ|サイゾーウーマン”. サイゾーウーマン. 2019年9月30日閲覧。
  4. ^ 「猫すべて引き取ります 殺処分 県内0へ 安佐北のNPO=広島」『読売新聞』2016年7月22日、大阪朝刊、p. 29。
  5. ^ 「復興掲示板」『読売新聞』2012年3月17日、東京朝刊、p. 30。
  6. ^ 「福島の警戒区域で動物保護 那須塩原に拠点のNPO法人、活動記録を写真集に/栃木県」『朝日新聞』2012年3月14日朝刊、栃木全県・1地方、p. 29。
  7. ^ 「野良猫の殺処分ゼロへ、NPOが不妊・去勢手術 備前・日生 /岡山県」『朝日新聞』2017年11月24日朝刊、岡山全県・1地方、p. 24。