メインメニューを開く

中野 英一(なかの えいいち、1966年7月 - )は、日本の物理学者大阪市立大学大学院理学研究科准教授[1]博士(理学)。主な研究分野は、高エネルギー実験物理学。茨城県つくば市高エネルギー加速器研究機構(KEK)にある世界最高強度の加速器Bファクトリーを使ってCP対称性の破れの研究を行っている。ベル実験測定器のミューオン粒子識別装置、特にRPC (Resistive Plate Chamber)の研究を推進している。

略歴編集

  • 1990年 - 名古屋大学理学部物理学科を卒業。
  • 1992年 - 名古屋大学理学研究科物理学専攻修士課程を修了。
  • 1995年3月 - 名古屋大学理学研究科物理学専攻博士課程を修了。名古屋大学より博士(理学)を取得。
  • 1995年4月 - 大阪市立大学理学部助手。
  • 2001年 - 大阪市立大学大学院理学研究科助手。
  • 2007年 - 大阪市立大学大学院理学研究科助教。
  • 2008年 - 大阪市立大学大学院理学研究科講師。
  • 2010年 - 大阪市立大学大学院理学研究科准教授。

脚注編集

  1. ^ 研究者詳細 - 中野 英一” (日本語). research-soran17.osaka-cu.ac.jp. 2018年11月21日閲覧。

リンク編集