メインメニューを開く
丸山嵯峨一郎

丸山 嵯峨一郎(まるやま さがいちろう、慶応4年1月21日[1]1868年2月14日) - 昭和19年(1944年2月5日)は、日本の衆議院議員自由党憲政党立憲政友会政友本党)、弁護士

経歴編集

越後国魚沼郡馬場村(現在の新潟県十日町市)出身[2]1887年明治20年)に第一高等中学校に入学し、1891年(明治24年)に卒業[2]。同年、東京帝国大学法科大学に入学し、1894年(明治27年)に卒業した[2]。卒業後は弁護士事務所を新潟市に開いた[2]

1898年(明治31年)、第5回衆議院議員総選挙に出馬し当選。以後、第6回第9回第13回第14回の計5回当選を果たした(第9回は補欠当選)。

その他、新潟商業会議所特別会員[2]、新潟県弁護士会長、新潟県競馬倶楽部会長を務めた[3]

脚注編集

  1. ^ 漆崎多四郎『貴衆両院議員名鑑』、1919年、p.13。
  2. ^ a b c d e 『衆議院議員列伝』p.389
  3. ^ 『衆議院要覧』

参考文献編集

  • 山崎謙『衆議院議員列伝』衆議院議員列伝発行所、1901年。
  • 『衆議院要覧(乙)大正九年六月』衆議院事務局、1920年。