丸山 邦男(まるやま くにお、1920年6月15日 - 1994年1月24日)は、日本の評論家丸山幹治の三男、丸山鉄雄丸山真男の弟。

兵庫県出身。早稲田大学中退全日本炭鉱労働組合書記雑誌編集者、1957年「ジャーナリストと戦争責任」で論壇に登場。1957年、大宅壮一が創設した「ノンフィクションクラブ」に参加する[1]

天皇制批判、マスコミ論、人物ルポルタージュなど。

著書編集

  • 豚か狼か 三笠書房、1970.
  • 天皇観の戦後史 白川書院、1975.
  • 遊撃的マスコミ論 オピニオン・ジャーナリズムの構造 創樹社、1976.

共著編集

脚注編集

  1. ^ 大隈秀夫「大宅壮一を読む」(時事通信社)プロローグ

参考編集

  • 日本人名大事典:[1]