メインメニューを開く

丸山 鉄雄(まるやま てつお、1910年(明治43年)4月1日[1] - 1988年(昭和63年)12月26日[1])は日本芸能プロデューサー音楽評論家東京府出身。

人物編集

ジャーナリスト丸山幹治の長男であり、戦後を代表する政治思想家丸山真男評論家丸山邦男は弟に当たる。

1934年に都帝国大学を卒業し、NHKに入局。主に芸能関係を担当していたが、昭和20年代には三木鶏郎らの痛快な社会風刺で絶大な人気を集めた「日曜娯楽版」のプロデューサーとして活躍した。また、現在も続く長寿番組『のど自慢』も企画した。

その後NHKを退職し日本コロムビア取締役、コロムビア音楽芸能社長などを歴任。1973年に「激動の昭和」の企画制作により第15回日本レコード大賞特別賞を受賞した。

脚注編集

  1. ^ a b 20世紀日本人名事典コトバンク、2017年5月14日閲覧。