丸本百合子

日本の産婦人科医、フェミニスト

丸本 百合子(まるもと ゆりこ、1949年1月1日[1] - )は、日本の産婦人科医、フェミニスト[要出典]

来歴編集

東京都文京区生まれ。1974年東京女子医科大学卒業。1987年帝京大学医学博士。1974年東京厚生年金病院産婦人科勤務、1976年東京大学医学部附属病院分院産婦人科勤務、1982年医局長。1986年同愛記念病院産婦人科勤務などを経て、2000年1月から百合レディスクリニック院長[2]。女性が自分の性とからだのことを自分自身で選択するためのテーマで、講演や著作活動を行っている。女性が「からだの主人公」になるための制度や法律を求める市民グループ「からだと性の法律をつくる女の会」に参加[3]

著書編集

共著・監修編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ 院長プロフィール
  3. ^ 『PMS(月経前症候群)とうまくつきあう』著者紹介

外部リンク編集