メインメニューを開く

丸茂 重貞(まるも しげさだ、1916年5月29日 - 1982年7月23日)は、日本医師政治家である。自由民主党参議院議員(4期)。位階従三位勲等勲一等環境庁長官日本医師会をバックにして参議院議員を4期務めた。所属派閥は福田派青嵐会の結成にも参加した。

丸茂重貞
まるも しげさだ
生年月日 1916年5月29日
出生地 群馬県吾妻郡
没年月日 (1982-07-23) 1982年7月23日(66歳没)
死没地 東京都港区 
出身校 東京医学専門学校
前職 内科医
所属政党 自由民主党

内閣 三木改造内閣
在任期間 1976年9月15日 - 1976年12月14日

日本の旗 参議院議員
選挙区全国区→)
群馬県選挙区→)
(全国区)
在任期間 1962年7月8日 - 1982年7月23日
テンプレートを表示

目次

人物編集

1916年生まれ、群馬県吾妻郡出身。群馬県立高崎中学校を経て、1940年、東京医学専門学校卒業[1]。医師免許取得後、同年10月応召。

終戦後は、群馬県群馬郡滝川村内科医として開業[1]。1957年、日本医師会理事に就任。

1962年、第6回参議院議員通常選挙に全国区から立候補して当選、参議院議員となった。1968年の第8回参議院議員通常選挙では選挙区を群馬県選挙区にうつして再選。さらに1974年の第10回参議院議員通常選挙では選挙区を全国区に再び戻して再選された。

大蔵政務次官、参議院大蔵委員長などを経て1976年に成立した三木内閣改造内閣で環境庁長官に就任。1980年、第12回参議院議員通常選挙で再選されたものの、在職中の1982年、クモ膜下出血のため虎の門病院(東京都港区)において死去した[1]

主な役職編集

  • 日本鍼灸師会顧問
  • 日本医師会常任理事

関連項目編集

脚注編集