丹山 禎昭(たんやま よしあき、1980年3月6日 - )は、日本の元男子バレーボール選手。大阪府大阪市出身。ポジションはセッター。実姉に丹山美紗緒

丹山 禎昭
Yoshiaki TANYAMA
JTマーヴェラス
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-03-06) 1980年3月6日(37歳)
出身地 大阪府大阪市
ラテン文字 Yoshiaki TANYAMA
身長 192cm
選手情報
所属 JTマーヴェラス
役職 コーチ
ポジション S
指高 250cm
スパイク 325cm
テンプレートを表示

JTマーヴェラスコーチ(2013年7月より)。

目次

来歴編集

バレーボールのコーチをしていた父と、2人の姉の影響で中学1年次からバレーを始める。1995年上宮高校に進学後、セッターを始める。1997年3年次にはインターハイおよび国体に出場した。1998年に近畿大学へ進学する。当初は前田悟の前に出場機会がなかったが1999年2年次から徐々に試合出場するようになる。[1]

2002年4月、日本たばこ産業(JT)に入社、JTサンダーズに入部する[2]臺光章や前田の控えとして活躍した。2007年には、第2回プラトーノフ記念国際トーナメント優勝に貢献、同大会最優秀選手に選ばれた[3]。2010年5月に引退[4]

2010年からJTのマネージャーを務めている。2012年、徳元幸人が監督代行に就任した際に徳元が日本体育協会上級ライセンスを持っていないため、そのライセンスを持つ丹山が名目上の監督としてリーグ登録していた[5]。2013年7月、JT女子チーム・マーヴェラスのコーチに就任した[6]

所属チーム編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ インタビュー”. JTサンダーズ公式. 2008年3月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月17日閲覧。
  2. ^ 新人・丹山選手”. JTサンダーズ公式 (2002年4月). 2003年6月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月17日閲覧。
  3. ^ ロシア・サンクトペテルブルク「第2回プラトーノフ記念国際トーナメント」で優勝”. JTサンダーズ公式 (2007年9月). 2010年9月18日閲覧。
  4. ^ 直弘龍治選手、尾上健司選手、丹山禎昭選手、後藤幸樹選手が退部”. JTサンダーズ公式 (2010年5月). 2010年9月17日閲覧。
  5. ^ “JT久保監督が休養 徳元コーチが代行”. 中国新聞. (2012年11月30日). http://www.chugoku-np.co.jp/sports/Sp201211300102.html 2012年11月30日閲覧。 
  6. ^ 丹山禎昭氏 コーチ就任のお知らせ”. JTマーヴェラス公式 (2013年7月). 2013年11月4日閲覧。

外部リンク編集