主運動系(しゅうんどうけい)は、エンジンの内、ピストンコンロッドクランクシャフトを中心とする部品の系統。

この系統により燃焼室内で発生したエネルギーは仕事に変換される。