主運動系(しゅうんどうけい、main driving system)は、エンジンの内、ピストンコンロッドクランクシャフトを中心とする部品の系統[1][2]

この系統により燃焼室内で発生したエネルギーは仕事に変換される。

概要編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 主運動系 【しゅうんどうけい】” (日本語). carsensor. 2021年12月22日閲覧。
  2. ^ 主運動系|[大車林自動車総合情報・専門用語事典]”. car.motor-fan.jp. 2021年12月22日閲覧。