エンジン

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ
MAN社のトラック用ディーゼルエンジン

エンジン(engine)は、以下の用法がある。

用法編集

機械編集

情報処理編集

コンピュータゲーム編集

エンターテインメント編集

語源と用例編集

語源はラテン語のインゲニウム(ingenium)で、『生まれながらの才能』『賢さ』を意味した。1300年頃のフランスではenginと表記し『能力』や『賢さ』に加え、『戦争に使われる機械』の意味でも用いられた。その後、『仕掛け(trick) 』、『器具(device[1]』、『機械(machine:特に軍用のもの)』を指して用いられ、やがて18世紀には、『エネルギーを動力に変えるもの』という現代で用いられている意味をもつようになった。

この時代のエンジンの典型が『蒸気機関(steam engine)』であったことから単に engine といえば steam engine を意味した。これと同様の省略法が現代でも用いられており、単にエンジンといった場合『自動車で使用されるエンジン』を指すことが多い。また、fire engine とはポンプを備えた消防車を表す。現代の自動車のエンジンは内燃機関である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ たとえば クリス・エヴァンス 著、橋本洋・上野滋 共訳『精密の歴史』、大河出版、2001年11月28日 再版、78ページ を読みと、78ページでは19世紀の測定器用の刻線器を「ルーリングエンジン」と呼んでいる

関連項目編集