メインメニューを開く

久保 三郎(くぼ さぶろう、1879年明治12年)11月23日[1] - 没年不詳)は、日本の官吏、政治家。千葉市長

略歴編集

大分県宇佐郡豊川村(現:宇佐市)で生まれた[1]。大分県立中津尋常中学校(現大分県立中津南高等学校)を経て、1903年7月、早稲田大学法律科を卒業[1]三重県属となり、以後、内務属・警保局勤務、千葉県長生郡長、同海上郡長、同印旛郡長、同千葉郡長、同香取郡長などを歴任[1]1924年8月、第2代千葉市長に就任し、1928年8月まで在任した[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d 「千葉県千葉市長後任候補者中久保三郎市長就任ノ件」
  2. ^ 『日本の歴代市長』第1巻、832頁。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 内閣「千葉県千葉市長後任候補者中久保三郎市長就任ノ件」大正13年。国立公文書館 請求番号:任B01191100