久保田芳太郎(くぼた よしたろう、1927年8月26日- )は、日本近代文学研究者、東横学園女子短期大学名誉教授。 静岡県生まれ。1952年早稲田大学文学部国文科卒、54年同大学院修士課程修了、1970年都留文科大学講師、73年早大講師、1975年東横学園短期大学教授。1998年定年退任、名誉教授。

著書編集

  • 『戯作と無頼 現代文学私観』現代思潮社 1969
  • 漱石 その志向するもの』三弥井書店 1994
  • 『教師、わが終焉の歌』文芸社 1998

共編著編集

参考編集

  • 『現代日本人名録』2002年