久米御縣神社(くめのみあがたじんじゃ)は、奈良県橿原市にある神社である。式内社で、旧社格村社

久米御縣神社
Kumenomiagata Shrine.JPG
所在地 奈良県橿原市久米町786
位置 北緯34度28分59秒
東経135度47分24秒
座標: 北緯34度28分59秒 東経135度47分24秒
主祭神 高皇産霊命
大来目命
天櫛根命
社格 式内社(小)、村社
本殿の様式 春日造
例祭 10月14日
テンプレートを表示

祭神編集

高皇産霊命・大来目命(天久米命の孫)・天櫛根命を祀る。

『五郡神社記』では「天櫛根大久米命」で一つの神名としており、『式内社調査報告』では、元は一柱の神であったものが近世に2つに分割して伝えられたものであると考えられるとしている。

大来目命は久米部祖神である。一帯は久米部の居住地であった来目邑であり、その祖神を祀ったものである。

歴史編集

創建の由緒は不詳である。「御県神社」という神社は大和国内に7社あり、いずれも皇室の御料地である御県(みあがた)に鎮座していたものである。『日本書紀垂仁天皇27年に「是歳、来目邑に屯倉を興す」という記述があり、創建もその頃とみられる。

延喜式神名帳では「大和国高市郡 久米御縣神社三座」と記載され、小社に列格している。ただし、延喜式祈年祝詞には他の6つの御県神社が記載されているが、当社は含まれていない。

久米氏の衰退とともに当社も衰微したが、隣接して久米寺が創建され、当社はその鎮守社として再建された。江戸時代中期頃からは「天満宮」「天神社」と呼ばれるようになった。現在も、「天満宮」「天神社」と書かれた燈籠が数多く残る。

明治初年の神仏分離により久米寺から分離され、明治中期に久米御縣神社に改称した。

関連項目編集