久谷 雉(くたに きじ、1984年 - )は、日本詩人。本名、尾高悠一[1]

経歴 編集

埼玉県深谷市に生まれる。埼玉県立熊谷高等学校1年在学中に詩作を始める[1]。「詩の雑誌 midnight press」の「詩の教室 高校生クラス」投稿を経て、2003年、第一詩集『昼も夜も』(ミッドナイト・プレス)を出版[2]

2020年時点では私立中学校の国語科教員[3]

受賞歴 編集

作品リスト 編集

詩集
  • 『昼も夜も』ミッドナイト・プレス、2004年1月
  • 『ふたつの祝婚歌のあいだに書いた二十四の詩』思潮社、2007年10月
  • 『影法師』ミッドナイト・プレス、2015年12月
  • 『女声合唱とピアノのための 風の解釈』の詩を担当。作曲は信長貴富。音楽之友社、2020年2月

脚注 編集

  1. ^ a b 文芸部 - 埼玉県立熊谷高等学校”. kumagaya-h.spec.ed.jp. 2023年3月30日閲覧。
  2. ^ 詩の教室目次”. www.midnightpress.co.jp. 2023年3月17日閲覧。
  3. ^ 女声合唱とピアノのための 風の解釈 久谷 雉(詩) - 株式会社音楽之友社”. 版元ドットコム. 2023年3月17日閲覧。
  4. ^ 第9回中原中也賞が久谷雉さんの『昼も夜も』に決定しました - 山口市ウェブサイト”. www.city.yamaguchi.lg.jp. 2023年3月17日閲覧。

外部リンク 編集