メインメニューを開く

久麻久村(くまくむら)は、かつて愛知県幡豆郡にあったである。

久麻久村
廃止日 1905年5月1日
廃止理由 編入
現在の自治体 西尾市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
幡豆郡
久麻久村役場
所在地 愛知県幡豆郡久麻久村
 表示 ウィキプロジェクト

現在の西尾市の一部(伊藤町・新渡場町・戸ケ崎町・志貴野町・中原町・志籠谷町・八ツ面町・熊味町・寄住町・道光寺町・若松町など)に該当する。

村名は、久麻久神社に由来するという。

歴史編集

  • 1875年(明治8年) - 西中野村と作原村が合併し、中原村となる。
  • 1878年(明治11年) - 熊子村と味崎村が合併し、熊味村となる。
  • 1884年(明治17年) - 碧海郡古新田村および新々田村が合併。幡豆郡に編入され、幡豆郡志貴野村となる。
  • 1889年(明治22年)10月1日 - 八ッ面村、伊藤村、新渡場村、戸ヶ崎村、志貴野村、中原村、志籠谷村、熊味村、寄住村、道光寺村が合併し、久麻久村が発足。
  • 1906年(明治39年)5月1日 - 西尾町、西野町村[1]大宝村の一部[2]奥津村の一部[3]と合併し、西尾町が発足。同日久麻久村は廃止。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 田貫を除く。
  2. ^ 矢曽根・町田・寄近・徳次
  3. ^ 住崎。

参考文献編集

関連項目編集