メインメニューを開く

九八式固定機関銃は、大日本帝国陸軍が試作した機関銃(航空機関銃)である。

概要編集

昭和13年(1938年)、ドイツラインメタル社が開発した7.92mm機関銃(MG 15 機関銃MG 17 機関銃)を、大日本帝国陸軍がライセンス生産しようと試みた。しかし、固定機銃は試作のみで量産化を見送った。復座用のバネに用いるピアノ線が量産できなかったためであった。

威力は、射程200mで9mm厚の鋼板を貫通した。

関連項目編集

参考文献編集

  • 橋立伝蔵監修『日本陸軍機キ番号カタログ』文林堂、1997年。