メインメニューを開く

九州国際重粒子線がん治療センター

九州国際重粒子線がん治療センター(きゅうしゅうこくさいじゅうりゅうしせんがんちりょうセンター)は、佐賀県鳥栖市にある病院重粒子線を利用してがんの治療を行う医療機関である。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg サガハイマット
SAGA Heavy ion medical accelerator in Tosu 20170423.jpg
新鳥栖駅側より撮影
情報
正式名称 九州国際重粒子線がん治療センター
英語名称 SAGA Heavy ion medical accelerator in Tosu (SAGA HIMAT)
標榜診療科 放射線科
許可病床数

0床


一般病床:0床
開設者 公益財団法人 佐賀国際重粒子線がん治療財団
開設年月日 2013年5月
所在地
841-0071
佐賀県鳥栖市原古賀町3049番地
位置 北緯33度22分15.7秒
東経130度29分20.4秒
PJ 医療機関
テンプレートを表示

通称のサガハイマットSAGA HIMAT)は、「SAGA Heavy ion medical accelerator in Tosu」(鳥栖にある佐賀の重粒子イオン医療用加速器施設)の頭文字。

目次

概要編集

従来、西日本に重粒子線がん治療施設がなかったことから、産学官共同プロジェクトとして本施設の建設が計画され、当時建設予定であった九州新幹線新鳥栖駅から徒歩数分という立地の現在地で計画が進められた。自治体の補助金、民間からの出資金、寄付金等で資金調達予定であったが、九州電力の経営悪化などの影響により資金が集まらず計画は難航[1][2]。しかしながら最終的には2013年5月に開設された[3][4]。入院病棟はなく、全て通院治療となる。入院が必要な場合は近隣の連携病院からの通院となる[5]。前述のように運営資金に寄付金を当てていることから、個人・法人からの寄付の受付も継続して行われている[6]

沿革編集

  この節は医療機関に関して執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めていますPJ医療機関)。

診療科編集

  • 放射線科

関連項目編集

出典編集

外部リンク編集