九徳野球場(クドクやきゅうじょう、구덕 야구장)は、韓国釜山広域市西区西大新洞にある野球場である。九徳運動場内に位置している。

九徳野球場
구덕 야구장
九徳野球場
施設データ
所在地 釜山広域市西区西大新洞
(望洋路57番地)
座標 北緯35度11分39.4秒 東経129度3分40.7秒 / 北緯35.194278度 東経129.061306度 / 35.194278; 129.061306座標: 北緯35度11分39.4秒 東経129度3分40.7秒 / 北緯35.194278度 東経129.061306度 / 35.194278; 129.061306
開場 1971年3月[1]
所有者 釜山広域市
グラウンド 人工芝
設計者 不明
使用チーム • 開催試合
ロッテ・ジャイアンツ(1982年~1985年)
収容人員
11,724人[1]
グラウンドデータ
球場規模 不明
フェンス 不明

概要編集

1971年釜山広域市初の野球専用球場として建設された。1982年からは韓国プロ野球ロッテ・ジャイアンツの本拠地球場として使用された。

1985年10月、社稷野球場が完成するとロッテは1986年から社稷野球場に移転、1986年以降はアマチュアの試合や大会が主な用途となっている。

既存の球場はグラウンド全体が土になっており、非常に危険で市民の多くから苦情が来たため、2007年1月から釜山広域市体育施設管理事業所によって人工芝敷設工事が行われ、7月20日に竣工した。

脚注編集

  1. ^ a b 부산광역시 체육시설관리사무소 웹사이트” (韓国語). 釜山広域市. 2011年12月9日閲覧。
前本拠地:
(初本拠地)
-
ロッテ・ジャイアンツの本拠地
1982 - 1985
次本拠地:
社稷野球場
1986 - 現在