メインメニューを開く
九鬼精隆の墓(兵庫県三田市心月院)

九鬼 精隆(くき きよたか、文政7年4月14日1824年5月12日) - 安政6年8月19日1859年9月15日))は、摂津三田藩の第12代藩主。九鬼家宗家13代。

第11代藩主九鬼隆徳の長男。正室は大村純昌の娘。子は娘(九鬼隆義正室)。官位は従五位下、丹波守、長門守。

嘉永7年(1854年)1月20日、父の隠居で跡を継いだ。安政6年(1859年)8月19日に36歳で死去したが、男子がなく、娘3人も2人が既に夭折、2歳の娘1人が残るのみであったため、御家断絶の危機にさらされた。精隆の死を隠匿して綾部藩より迎えた隆義を婿養子に決め、9月18日に幕府に急養子の届けを出して許可を得た(末期養子)。そのような事情のため、精隆の死が発表されたのは9月23日であった。