メインメニューを開く
九鬼隆徳の墓(兵庫県三田市心月院)

九鬼 隆徳(くき たかのり、寛政12年1月28日1800年2月21日)- 元治元年7月27日1864年8月28日))は、摂津三田藩の第11代藩主。九鬼家宗家12代。

第10代藩主九鬼隆国の長男。母は側室の像と言われている。正室は蜂須賀治昭の娘。側室に岡田氏など。子に九鬼精隆(長男)、娘(牧野誠成正室)、娘(西貢室)。官位は従五位下、大和守、長門守。

天保14年(1843年)6月19日、父の隠居により跡を継いだ。嘉永7年(1854年)1月20日、長男の精隆に家督を譲って隠居し、元治元年(1864年)7月27日に死去した。享年65。法号は楽只院。