亀井 茲休(かめい これやす)は、江戸時代中期の石見国津和野藩の世嗣。通称は直八郎。

 
亀井茲休
時代 江戸時代中期
生誕 寛延3年(1750年
死没 明和3年12月8日1767年1月8日
別名 直八郎(通称)
石見津和野藩世嗣
氏族 亀井氏
父母 亀井茲胤
亀井矩貞
テンプレートを表示

略歴編集

6代藩主・亀井茲胤の長男として誕生。

父が死去した時は幼少だったため、家督を継いだ7代藩主・亀井矩貞の養子となる。明和3年(1766年)、徳川家治御目見するが、まもなく早世した。享年17。

代わって、矩貞の長男・矩賢が嫡子となった。