亀井茲胤

江戸時代の大名、石見津和野藩六代藩主

亀井 茲胤(かめい これたね)は、石見津和野藩の第6代藩主。津和野藩亀井家7代。

 
亀井 茲胤
時代 江戸時代中期
生誕 享保11年(1726年
死没 宝暦2年7月9日1752年8月18日
改名 徳蔵(幼名)、茲胤
戒名 陽昇院殿徳巌賢昶大居士
墓所 島根県鹿足郡津和野町亀井家墓所
官位 従五位下、隠岐守、信濃
幕府 江戸幕府
石見津和野藩
氏族 水戸松平家亀井氏
父母 父:松平頼明、養父:亀井茲延
兄弟 松平頼永松平武元遠山友明松平頼幸茲胤
正室:菅沼定好の娘・富子(陽晃院)
茲休、娘(松平頼多政室)
養子:矩貞
テンプレートを表示

生涯編集

享保11年(1726年)、常陸府中藩第3代藩主・松平頼明の五男として生まれる。石見津和野藩主・亀井茲延の養子となり、寛保2年(1742年)11月11日に第8代将軍徳川吉宗御目見し、12月18日に従五位下・隠岐守に叙位・任官する。寛保3年(1743年)閏4月3日に養父が隠居し、家督を継ぐ。

延享2年(1745年)12月に信濃守に遷任する。藩財政再建のため、蝋や和紙の製造・販売を奨励するなどしたが、一方で寛保3年(1743年)の強風による被害、宝暦元年(1751年)の大雪被害における救済対応に追われるなど、藩政は多難を極めた。

宝暦2年(1752年)7月9日に津和野で死去した。享年27。跡を養子の矩貞が継いだ。

狩野派の絵画に優れた画人であったといわれる。