メインメニューを開く

亀岡 剛(かめおか つよし、1956年10月18日 - )は、日本実業家昭和シェル石油代表取締役社長兼グループ最高経営責任者を経て、出光興産代表取締役副会長。元石油連盟副会長。

人物・経歴編集

兵庫県出身。1979年関西学院大学経済学部卒業、シェル石油(のちの昭和シェル石油)入社[1]。1987年エディンバラ大学経営大学院修了[2]。2003年製品貿易部長。2005年理事近畿エリアマネージャー。2006年執行役員に昇格。2009年常務執行役員。2013年執行役員副社長石油事業COO。2014年執行役員石油事業COO。2015年から代表取締役社長兼CEOを務め、2018年には出光興産との間で同社の子会社化するかたちで経営統合を行うことで合意した[3]石油連盟副会長も務めた[4]。2019年出光興産代表取締役副会長[5]

脚注編集


先代:
香藤繁常
昭和シェル石油CEO/社長
2015年 - 2019年
次代:
新留加津昭
先代:
新設
出光興産副会長
2019年 -
次代:
現職