予感 (Dir en greyの曲)

予感」(よかん)はDir en greyのメジャー5枚目のシングル

予感
Dir en greyシングル
初出アルバム『GAUZE
B面 Cage (▷∣◁ Mix)
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル イーストウエスト・ジャパン
作詞・作曲 Die
プロデュース YOSHIKI
チャート最高順位
Dir en grey シングル 年表
Cage
1999年
予感
1999年

2000年
テンプレートを表示

概説編集

  • アルバム『GAUZE』の先行シングル。読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『女医』エンディングテーマに起用された。
  • この曲で『ミュージックステーション[1]、『ポップジャム』、『COUNT DOWN TV』に出演して、注目を集めた。『ミュージックステーション』出演時、ヴォーカルは「今まで出したシングルの中で1番メロディアスな曲。みんなも歌いやすいと思う」と語っていた。
  • バンドにとって、8cmシングル最後の作品となった。

曲目編集

  1. 予感
    (詞:京 曲:Die 編曲:Dir en grey&YOSHIKI)
    1つの恋愛をテーマにした内容になっている。終盤に語りのような部分があるが、これはDieからの提案で、その内容は詞のメインになっているとのこと。2007年発売のベストアルバム「DECADE 1998-2002」収録バージョンは一部内容が異なっており、終盤の語りの後のパートに歌詞の呟きが追加されている。
  2. Cage (▷∣◁ Mix)
    (詞:京 曲:薫 編曲:YOSHIKI&Dir en grey)
    前シングル曲「Cage」のリミックス。
    リミックスは元Nine Inch Nailsクリス・バンナが担当。

脚注編集

  1. ^ ミュージックステーション. “出演者ラインナップ(1999年7月16日)”. 2020年6月30日閲覧。