メインメニューを開く

二宮 善基(にのみや よしもと、1904年11月23日 - 1984年10月9日)は、日本の実業家経済同友会代表幹事、日本興業銀行(現みずほ銀行)副総裁、東洋曹達工業(現東ソー)社長。

来歴・人物編集

東京出身。東京府立第一中学校東京帝国大学経済学部出身。大学を出てから日本興業銀行に入行。副総裁などを務めたのち退行した。のちに東洋曹達工業に入り、社長、会長を歴任した。1984年に死去。葬儀は東洋曹達工業の社葬として青山葬儀所で行われた。葬儀は神田博善が担当した[1]

一方で財界活動でも活躍し、1962年水上達三とコンビを組んで経済同友会代表幹事に就任した。[2]大原総一郎中山素平と親しく、日本の未来のために3人で化学研究所の構想を話し合った。

晩年は交通安全教育の普及に尽力。財団法人日本交通安全教育普及協会の会長、本田藤沢記念財団法人国際交通安全学会理事などを歴任した。

ほかに、復興金融公庫理事、桐朋学園音楽科後援会世話人(会長は遠山元一)などを務めた。

また、学校法人北里研究所では、二宮の業績を称えて「二宮善基記念賞」(二宮賞)を創設。生命科学領域で優れた業績を残した40歳未満の若手研究者を表彰している。(主な受賞者に松尾淳一らがいる)

関連項目編集

出典編集