メインメニューを開く

二宮 正之(にのみや まさゆき、1938年 - )は、フランス在住の文学者、ジュネーヴ大学名誉教授。

東京生まれ。東京大学大学院仏文学専攻博士課程中退。1965年から1968年までフランスの高等師範学校に在籍し「小林秀雄の思考」で博士号取得。フランス国立東洋言語文化研究所助教授、ジュネーヴ大学文学部日本学科教授。1990年『私の中のシャルトル』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。2001年『小林秀雄のこと』で芸術選奨文部大臣賞受賞。アンドレ・ジッド、小林秀雄、森有正を研究。

著書編集

  • 私の中のシャルトル 筑摩書房 1990.2、ちくま学芸文庫 2000.7
  • La pensee de Kobayashi Hideo : un intellectuel japonais au tournant de l'histoire / Librairie Droz, 1995.
  • 小林秀雄のこと 岩波書店 2000.2、岩波現代文庫 2018.12
  • 文学の弁明 岩波書店 2015.3

翻訳編集

  • 和声の歴史 オリヴィエ・アラン 永富正之共訳 白水社 1969 (文庫クセジュ)
  • 作家ソレルス ロラン・バルト 岩崎力共訳 みすず書房 1986.1
  • ジッド=ヴァレリー往復書簡 筑摩書房 1986(全2巻、1890-1896/1897-1942)
  • 背徳の人 アンドレ・ジッド ちくま文庫 2008.4
  • アンドレ・ジッド集成 筑摩書房。全5巻、2014.4~