メインメニューを開く
 
二条満基
時代 室町時代中期
生誕 弘和3年/永徳3年(1383年[1]
死没 応永17年12月27日[1]1411年1月21日
改名 道忠(初名)→満基
別名 福照院[1]
官位 従一位関白内大臣
主君 後小松天皇
氏族 二条家
父母 父:二条師嗣、母:不詳
兄弟 満基持基
義快、成淳
養子:持基
テンプレートを表示

二条 満基(にじょう みつもと)は、室町時代中期の公卿歌人関白二条師嗣の子。官位従一位・関白、内大臣二条家8代当主。

経歴編集

応永5年(1398年)、3代将軍・足利義満偏諱を受け名を道忠(みちただ)から満基と改名した[1][2]。応永6年(1399年)4月に父が出家し隠退したため、家督を継いだ[3]

内大臣・関白・従一位と高位を歴任。応永15年(1408年)4月25日、元服する足利義嗣の加冠役を務めた(この時の官職は内大臣)。

応永17年(1410年)12月27日に薨去。享年28[1]。家督は弟・持基が養子となって継いだ[4]。実子の義快は6代将軍・足利義教の猶子となった。

歌人でもあり、『新続古今和歌集』に和歌一首が収められている[1]

官歴編集

※ 日付=旧暦

系譜編集

脚注編集

註釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 安田、1990年、p.460 「二条満基」 の項(執筆:飯倉晴武
  2. ^ 安田、1990年、p.34 「足利義満」 の項(執筆:新田英治)
  3. ^ 安田、1990年、p.461 「二条師嗣」の項(執筆:飯倉晴武)
  4. ^ 安田、1990年、p.461 「二条持基」の項(執筆:飯倉晴武)

参考文献編集

書籍
史料