メインメニューを開く

五下分結(ごげぶんけつ、: āvarabhāgīya saṃyojana, アーヴァラバーギーヤ・サンヨージョナ: orambhāgiya-saṃyojana, オーランバーギヤ・サンヨージャナ)とは、仏教において衆生を「欲界」へと縛り付ける「5つの束縛」としての煩悩の総称。「下分」(げぶん)とは「下の領域」すなわち「欲界」のこと。けつ: saṃyojana, サンヨージャナ)とは「束縛」のこと。

目次

内容編集

五下分結の内容は以下の通り[1]

  1. 有身見(うしんけん、: satkāya-dṛṣṭi: sakkāya-diṭṭhi) - 五蘊自己とみなす見解[1]
  2. (ぎ、: vicikitsā: vicikicchā) - 疑い
  3. 戒禁取(かいごんしゅ、: śīlavrata-parāmārśa: sīlabbata-parāmāsa) - 誤った戒律・禁制への執着
  4. 貪欲(とんよく、: : kāma-rāga)- 五欲への執着[1]
  5. 瞋恚(しんに、: pratigha: paṭigha) - 怒り

五蓋とは2及び4-5が共通。三結とは1-3が共通しており包括した関係になっている。

四向四果との関係編集

四向四果における不還果に到達すると、欲界への執着が断ち切られ、この五下分結も消え去る[2][3]

預流果に達した段階で、既に五下分結の3-5である「三結」は絶たれており、続く一来果で4-5が弱まり、不還果で4-5が絶たれ、欲界への再生と完全に断ち切られることになる。

四向四果
(解脱の10ステップ, パーリ経蔵[4]による)

到達した境地(果) 解放された 苦しみが終わるまでの輪廻

預流

1. 有身見 (無我)
2. (教えに対しての疑い)
3. 戒禁取(誤った戒律・禁制への執着)

下分結

最大7回、欲界と天界を輪廻する

一来

一度だけ人として輪廻する

不還

4. の貪り(カーマラーガ
5. 憤怒瞋恚, パティガ)

欲界及び天界には再び還らない

阿羅漢

6. 色貪
7. 無色貪
8. , うぬぼれ
9. 掉挙
10. 無明

上分結

三界には戻らず輪廻から解放

Source: Ñāṇamoli & Bodhi (2001), Middle-Length Discourses, pp. 41-43.


脚注編集

出典編集

  1. ^ a b c P.A.パユットー 著、野中耕一 訳『ポー・オー・パユットー 仏教辞典(仏法篇)』、2012年2月、サンガ、p.202-203
  2. ^ 藤本晃『悟りの階梯(サンガ新書)』、2009年3月、サンガ、p205
  3. ^ パオ森林僧院における教えと修行 日本語訳 pp33-34
  4. ^ See, for instance, the "Snake-Simile Discourse" (Majjhima Nikaya 22)

関連項目編集