五十嵐派(いがらしは)は、漆芸蒔絵師の流派。幸阿弥派と並ぶ、御用蒔絵の二大流派。

五十嵐道甫が、加賀前田家の招きで金沢に渡り、加賀蒔絵の基礎を築いた。

関連項目編集