金沢市

日本の石川県の都市、石川県庁所在地
金沢から転送)

金沢市(かなざわし)は、石川県のほぼ中央に位置する。石川県の県庁所在地および人口が最多の市で、中核市保健所政令市中枢中核都市に指定されている。旧石川郡及び河北郡

かなざわし ウィキデータを編集
金沢市
金沢市旗 金沢市章
金沢市旗 金沢市章
1891年3月7日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
市町村コード 17201-4
法人番号 4000020172014 ウィキデータを編集
面積 468.81km2
総人口 455,258[編集]
推計人口、2024年4月1日)
人口密度 971人/km2
隣接自治体 白山市野々市市河北郡津幡町内灘町
富山県小矢部市南砺市
市の木
市の花 花菖蒲
サルビア
四季咲きベゴニア
インパチェンス
ゼラニウム
(すべて推奨花)
市の歌 金沢市歌(1923年制定)
金沢市民の歌(1949年制定)
金沢市役所
市長 村山卓
所在地 920-8577
石川県金沢市広坂一丁目1番1号
北緯36度33分40秒 東経136度39分23秒 / 北緯36.56106度 東経136.6565度 / 36.56106; 136.6565座標: 北緯36度33分40秒 東経136度39分23秒 / 北緯36.56106度 東経136.6565度 / 36.56106; 136.6565
金沢市役所
外部リンク 公式ウェブサイト

金沢市位置図

― 市 / ― 町・村

地図
市庁舎位置
ウィキプロジェクト
金沢市中心市街地

概要 編集

江戸時代には、江戸幕府(約800万と言われる)を除いて、大名中最大の102万5千石の石高を領した加賀藩(「加賀百万石」)の城下町として栄え、人口規模では江戸大坂三都に次ぎ、名古屋と並ぶ大都市であった。第二次世界大戦中にアメリカ軍からの空襲を受けなかったことから市街地に歴史的風情が今なお残っている。空襲の被害者やその遺族が少ない地域という理由から、終戦間もないころには国際交流を目的として来日するアメリカ市民の滞在先としても選ばれた。また、長年の都市文化に裏打ちされた数々の伝統工芸日本三名園の一つとして知られる兼六園加賀藩の藩祖・前田利家の金沢入城に因んだ百万石まつり、さらに庶民文化(加賀宝生郷土料理じぶ煮など)などにより、観光都市として知られる。2009年にはユネスコ創造都市に認定された(国内では神戸市、名古屋市に続く3番目、クラフト&フォークアート部門ではアジア初)。

日本海側の都市としては政令指定都市である新潟市(約77万人)に次ぐ人口を誇る。北陸の富山県・石川県・福井県を管轄する国の出先機関が置かれ、大企業の「北陸支社」「北陸支店」も金沢市に置かれることも多い。中心市街地香林坊片町地区は北陸最大級の商業地として賑わっている。

地理 編集

 
金沢市中心部の空中写真。南東から北西方向へ犀川浅野川が流れる。1975年撮影の10枚を合成。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
 
田上地区にあった旧浅川村役場跡(金沢市浅川出張所、1984年当時)

地理区分 編集

地理区分は中部地方北陸地方北信越地方に属する。石川県内の地理区分では、加賀地方に属する。

地形 編集

南東部は山地で、奈良岳(1,644m、金沢市の最高峰、犀川の水源)をはじめ、見越山 (1,621m)、大門山 (1,572m)、医王山(いおうぜん、939m)などがある。平野に近い部分は丘陵地となり、戸室山 (548m)、キゴ山 (546m)、野田山 (180m)、満願寺山 (177m)、卯辰山 (141m) などがある。戸室山・キゴ山は数十万年に形成された第四紀火山である。山地と平野の境界付近に森本・富樫断層帯が分布する。北西部は金沢平野で、犀川(別名おとこ川)、浅野川(別名おんな川)、金腐川(かなくさりがわ)、森下川(もりもとがわ)、伏見川高橋川内川などが流れる。犀川とこれに合流する伏見川は日本海へ直接注ぐが、他の川は河北潟へ流れ、大野川を経て日本海へ注ぐ。海岸部は砂丘となっており、河口部分は北向きに曲がっている。犀川上流には犀川ダム内川ダムがあり、上水道や灌漑などに利用されている。犀川と浅野川は市内を並行して流れ、犀川北岸と浅野川南岸それぞれの河岸段丘に挟まれた台地小立野台地である。小立野台地の西端に金沢城趾兼六園がある。また、犀川南岸の河岸段丘は寺町台地と呼ばれる。

気候 編集

日本海側気候で、年中湿度が高く、雲が発生しやすい。特に冬には雨・雪が降る日が多い[注釈 1]。平年の雷日数が全国の県庁所在地の中で最も多く、そのほとんどは晩秋から冬に起こる。比較的好天が多いのは4月 - 5月と10月、夏にはフェーン現象が起きて最高気温が35℃を超えることもある。梅雨の影響は太平洋側と比較して少ない。12月から2月にかけてはが多い。雷を伴ってあられや雹が降ることもある。1987年以降の暖冬に加え、1991年10月23日に金沢地方気象台が中心部にほど近い弥生地区から、海風の影響で気温が高めで雪が積もりにくい沿岸寄りの西念地区へ移転して以降、観測される降雪量は急激に減っており、北陸の他都市はおろか鳥取市よりも積雪量が少なくなることが増えた。しかしながら、市の公表している積雪量[1] によると、気象台よりも兼六園のある市内中心部の方が積雪が多く、特に、金沢大学のある角間町などの内陸地域などは豪雪となりやすい。このように同じ市内であっても海側と内陸では積雪量が大きく異なっている。

降雪の深さ合計は平年で157cmと前々平年値(1971 - 2000年平均)の360cm、前平年値(1981 - 2010年平均)の278cmと比べて大きく減少した。気象台移転後の最深積雪記録は2001年1月16日の88cm、なお金沢地方気象台が現在の場所に移転する前の最深積雪極値は三八豪雪の1963年1月27日に記録した181cm。最後に積雪が1mを超えたのは1986年1月28日の113cmまで遡る。ただし、冬季の気温は曇りや雪の日が多く放射冷却が少ないため、最低気温は高め(1月の平均最低気温は1.2℃)であり、2000年代以降は暖冬傾向であること、また、除雪融雪の体制が発達していることなどから、冬季の都市生活に支障は少ない。

湿度が高いため、伝統工芸の漆塗りや金箔製造に適している。

金沢地方気象台(金沢市西念、標高6m)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 21.2
(70.2)
23.6
(74.5)
27.1
(80.8)
31.6
(88.9)
33.7
(92.7)
36.1
(97)
37.4
(99.3)
38.3
(100.9)
38.5
(101.3)
33.1
(91.6)
28.4
(83.1)
24.7
(76.5)
38.5
(101.3)
平均最高気温 °C°F 7.1
(44.8)
7.8
(46)
11.6
(52.9)
17.3
(63.1)
22.3
(72.1)
25.6
(78.1)
29.5
(85.1)
31.3
(88.3)
27.2
(81)
21.8
(71.2)
15.9
(60.6)
10.2
(50.4)
19.0
(66.2)
日平均気温 °C°F 4.0
(39.2)
4.2
(39.6)
7.3
(45.1)
12.6
(54.7)
17.7
(63.9)
21.6
(70.9)
25.8
(78.4)
27.3
(81.1)
23.2
(73.8)
17.6
(63.7)
11.9
(53.4)
6.8
(44.2)
15.0
(59)
平均最低気温 °C°F 1.2
(34.2)
1.0
(33.8)
3.4
(38.1)
8.2
(46.8)
13.6
(56.5)
18.4
(65.1)
22.9
(73.2)
24.1
(75.4)
19.9
(67.8)
13.9
(57)
8.1
(46.6)
3.5
(38.3)
11.5
(52.7)
最低気温記録 °C°F −9.7
(14.5)
−9.4
(15.1)
−8.3
(17.1)
−1.6
(29.1)
1.5
(34.7)
6.8
(44.2)
11.0
(51.8)
13.1
(55.6)
7.6
(45.7)
2.2
(36)
−0.7
(30.7)
−6.7
(19.9)
−9.7
(14.5)
降水量 mm (inch) 256.0
(10.079)
162.6
(6.402)
157.2
(6.189)
143.9
(5.665)
138.0
(5.433)
170.3
(6.705)
233.4
(9.189)
179.3
(7.059)
231.9
(9.13)
177.1
(6.972)
250.8
(9.874)
301.1
(11.854)
2,401.5
(94.547)
降雪量 cm (inch) 67
(26.4)
53
(20.9)
13
(5.1)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
1
(0.4)
24
(9.4)
157
(61.8)
平均降水日数 (≥0.5 mm) 24.9 20.2 17.5 13.4 11.8 11.6 14.2 10.4 13.2 14.1 18.2 24.2 193.6
平均降雪日数 22.7 19.9 12.7 2.5 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1.5 14.5 73.9
湿度 74 70 66 64 67 74 75 72 73 70 70 72 70
平均月間日照時間 62.3 86.5 144.8 184.8 207.2 162.5 167.2 215.9 153.6 152.0 108.6 68.9 1,714.1
出典:気象庁 (平均値:1991年-2020年、極値:1882年-現在)[2][3]
旧金沢地方気象台(弥生町)・1961 - 1990年平均の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C°F 6.1
(43)
6.5
(43.7)
10.5
(50.9)
17.4
(63.3)
22.2
(72)
25.2
(77.4)
29.4
(84.9)
31.2
(88.2)
26.7
(80.1)
20.9
(69.6)
15.3
(59.5)
9.8
(49.6)
18.4
(65.1)
日平均気温 °C°F 2.9
(37.2)
2.9
(37.2)
6.0
(42.8)
12.1
(53.8)
17.0
(62.6)
20.8
(69.4)
25.2
(77.4)
26.6
(79.9)
22.1
(71.8)
16.1
(61)
10.8
(51.4)
6.0
(42.8)
14.1
(57.4)
平均最低気温 °C°F 0.1
(32.2)
0.0
(32)
2.0
(35.6)
7.3
(45.1)
12.2
(54)
17.0
(62.6)
21.6
(70.9)
22.7
(72.9)
18.5
(65.3)
12.2
(54)
7.0
(44.6)
2.8
(37)
10.3
(50.5)
降雪量 cm (inch) 145
(57.1)
102
(40.2)
24
(9.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
1
(0.4)
45
(17.7)
318
(125.2)
出典:NOAA (1961-1990) [4]
医王山観測所(平等本町、標高:420m)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
降水量 mm (inch) - - - - 150.7
(5.933)
181.0
(7.126)
270.9
(10.665)
226.9
(8.933)
267.5
(10.531)
239.3
(9.421)
- - -
平均降水日数 (≥1.0mm) - - - - 11.7 11.3 14.5 11.0 13.6 13.8 - - -
出典:気象庁 (平年値:2003-2020)
金沢市
雨温図説明
123456789101112
 
 
256
 
7
1
 
 
163
 
8
1
 
 
157
 
12
3
 
 
144
 
17
8
 
 
138
 
22
14
 
 
170
 
26
18
 
 
233
 
30
23
 
 
179
 
31
24
 
 
232
 
27
20
 
 
177
 
22
14
 
 
251
 
16
8
 
 
301
 
10
4
気温(°C
総降水量(mm)
出典:気象庁
インペリアル換算
123456789101112
 
 
10
 
45
34
 
 
6.4
 
46
34
 
 
6.2
 
53
38
 
 
5.7
 
63
47
 
 
5.4
 
72
56
 
 
6.7
 
78
65
 
 
9.2
 
85
73
 
 
7.1
 
88
75
 
 
9.1
 
81
68
 
 
7
 
71
57
 
 
9.9
 
61
47
 
 
12
 
50
38
気温(°F
総降水量(in)

隣接自治体 編集

北側に内灘町津幡町、東側に倶利伽羅峠医王山などの山地を挟んで富山県小矢部市南砺市、南側に白山市(旧松任市、旧鶴来町)、野々市市と接する。

歴史 編集

太平洋戦争以前 編集

「金沢」という都市名は「昔、山科の地(現:金沢市郊外)に住んでいた芋掘り藤五郎が山芋を洗っていたところ、砂金が出たため、金洗いの沢と呼ばれた」という伝説による。

金洗いの沢」は、兼六園内の金沢神社の隣りにあり、現在は「金城霊澤」と呼ばれている。

古文書における「金沢」の初見は、『高野山正智院聖教目録』に文明13年10月8日(1481年10月30日)付で記載された「加州金沢惣持寺」が知られている[6]

権門体制から幕藩体制への過渡期の時代、荘園性の崩壊と重課税で混沌とした中世には、強い支持を得た本願寺関連の一向一揆(一向宗)が治めた領地であった。当時、比叡山、京都五山、本願寺に代表される寺社勢力は中国と盛んに交易し大量の銭貨を得、経済的に幕府を支える存在であり対立していた。中でも京都五山や比叡山とは異なり、本願寺勢力は基本的に荘園を持たず、信徒からの喜捨により資金を集めていた。領地からの不安定な年貢や関所の通行税に寄らず、人の集積や経済活動に伴う需要や生産性増加に合わせて、中国から得た銭貨を用いたマネタリーベース増加が適切に可能であったことから経済的に栄えて自然と寄付金が増加した。蓮如たちは小高い丘の上に寺院を建設しその下を門前町とする都市計画(寺と町をセットとしたという意味での寺内町)を持っており、尾崎御坊など北陸の寺社・城跡でも同様の地形で寺内町の名残が残る。また、中世は幕府の内紛により権威が弱く地侍や盗賊がやりたい放題で、戦乱による財政難から度重なる徳政令で金融も麻痺していた。一方、本願寺の寺内町だけは、大量の資金、人材に恵まれ、規制緩和で酒や魚などの自由な商売が出来、軍事組織もあったため治安も良く、徳政令からも免れ、経済的に繁栄していた。従って、安心した暮らしを求めて帰依する者が多かったと考えられる。そして北陸は石山本願寺の財政基盤として重要な地域として機能していた。その中で、守護大名富樫氏一族の内紛に、地元武士、浄土真宗本願寺派と髙田派の内部抗争が入り混じった紛争が起こる。これに勝利した富樫正親と本願寺派勢力が内部対立を起こし、本願寺が勝利したことで、戦国大名化した寺社勢力の自治が行われていた[7]

延元4年(1339年)に金沢城址の場所に、本源寺(現西別院)が開創され、中世に寺社勢力が統治する直前には、棟梁、松田次郎左衛門が田井城(金沢の旧奥村河内守の屋敷から出羽町にかけての土地。松山寺周辺は二の丸、成瀬内蔵助宅周辺は三の丸、八坂は馬場)を居城としていた。松田次郎左衛門の先祖は京の北面武士で、観應のころ(1350〜1352年)に移り住んでいた。明応3年(1494年)、州崎慶覚坊(近江の土豪出身、一揆にて富樫政親を滅ぼす)に謀殺され、越中荒木村(現南砺市荒木)に逃れ、元亀8年(1508年)ごろには現南砺市城端に移り子孫は城端城に居住していくも、江戸時代には前田家から家禄千石を賜り城下町(金沢別院近く)に屋敷を拝領し廃藩まで居住することになる[8][9]

天文15年(1546年)、本源寺を尾山御坊(金沢御坊)と定めて、戦国時代一向一揆本願寺の拠点とした(本源寺はのちに前田利家・利常による寄進地で再建)。この寺内町が現在の金沢市の原型と言える。天正8年(1580年)、織田信長配下の柴田勝家の甥佐久間盛政が尾山御坊を攻め落とし、その地に金沢城を築城した。

 
金沢城址

賤ヶ岳の戦い以降、前田利家が金沢城に入り、加賀藩の原型が形成された。一罰百戒が当たり前の封建時代で着実な占領政策を行い、徹底的に残酷な弾圧による恐怖統制を強いた[10][11]。遺恨の痕跡や資料が旧加賀藩各地に残るとはいえ、顕著な加賀藩プロパガンダに成功し、さらには寺社勢力を懐柔できたことが加賀藩にとっては大きい。つまり、前田利家や加賀藩は一向宗勢力を中心とした寺社勢力の懐柔政策を以って利用し藩領の自治を行って行く。藩政初期寺社寺領の寄進は金沢市内中心でありほとんどが非一向宗寺院であった一方で、一向宗寺院に対して特例的に諸役免除などを行ったり、有力寺院(現南砺市の瑞泉寺や善徳寺など)に前田家の子女を縁女として送ったりなど懐柔策を徹底し、触頭として機能させ強固な統治を行った(特に南砺市の有力寺院への縁女は江戸時代を通じて送られた。そもそも農地開拓などは藩や武士の指導のもとで有力な農民や町民の協力が必要であり、武士の子女や縁女が送られ入ることもあった)[12]

利家は金沢城を人心の一新(羽柴秀吉に敵対した佐久間盛政色の一掃および一向一揆に加わっていた真宗門徒との融和)を意図して自身の出身地である尾張国にも通じる「尾山城」と改名するが定着せず、利家の晩年もしくは次代の前田利長の時代には再び「金沢城」の名前に戻した[13][14]。城下町には二重の惣構が掘られ、環濠都市となり、現在でもその遺構を確認することができる。特に第3代藩主前田利常は宗徒の強い信仰心、つまり門主に対する絶対的信心や勤勉性を民政に利用することを考えた[15]。金沢城の防備や、人別(現在の戸籍)を行うため、城下に散在していた寺社を3か所に移転・配置し、金沢城から南西の犀川流域、東側の卯辰山、南東の小立野台地の三ヶ所に集められ、それぞれが寺町寺院群卯辰山山麓寺院群小立野寺院群となった。

 
玉泉院丸庭園

慶長5年(1599年)に利家が死去すると、翌年には関ヶ原の戦いが起こる。利家の遺領を相続した長男の前田利長は、東軍の徳川家康につき、西軍に属した弟の前田利政の所領を戦後に与えられ、加賀国能登国越中国を有する大大名となる。第三代藩主前田利常の時代には、十村制改作法といった農政改革を進め、支配機構の整備が行われ藩体制が確立した。また、利常の「百姓は死なぬ様に生きぬ様に」「百姓とゴマの油はしぼればしぼるほ程出る」からその統治思想が垣間見える[16]。第五代藩主前田綱紀は名君として名高く、兼六園の前身にあたる蓮池庭(れんちてい)を作庭し、木下順庵室鳩巣稲生若水といった学者の招聘につとめ学問を振興した。また綱紀は和書や漢書、洋書などの多様な書物の収集にも努め、その書物の豊富さから新井白石は「加賀は天下の書府」と言ったと伝えられている[17]。集められた書物や美術工芸品の収蔵品は尊経閣文庫と呼ばれ、現在では前田育徳会により保存管理されている。その後金沢は150余年に渡り、加賀百万石の城下町として繁栄することとなる。参勤交代の時、前田氏は約2,000人の家来を従え、現在の価値で片道約7億円をかけて江戸との間を往来した。

以下江戸時代の藩政史料や地図、明治初期の統計書に記録されている金沢町の人口をまとめる。但しその多くが町奉行支配場(本町、地子町、旧門前地、大工地)の町方人口に関するものであり、主に寺社奉行支配地(門前地)に居住した僧侶・神職ほか、武家屋敷や一部町方・寺社方に居住した士分・武家奉公人については人口に関する資料がほとんど残っていない。

江戸時代から明治初期の金沢の人口[18][19][20][21]
元号 西暦 家数 人口 備考 典拠
寛文4年 1664年 9,868 55,106 本町2532戸1万9845人、地子町7336戸3万5261人 『越登賀三州志』
寛文5年 1665年 7,350 地子町のみ 『改作所旧記』
寛文7年6月 1667年 8,667 59,101 本町1332軒1万9840人、地子町7335軒3万9261人 『稿本金沢市史』
延宝年中 1675年ごろ 9,927 本町2186軒、地子町7081軒 『金沢古蹟志』
3,959 武家屋敷分。士分1677軒、足軽1953軒、小者305軒 『延宝金沢図』
貞享2年 1685年 8,448 地子町のみ 『国事雑抄』
貞享3年 1686年 8,326 地子町のみ 『国事雑抄』
元禄3年 1690年 13,601 寺社奉行支配地を含む。寺社243戸、山伏65戸、
百姓85戸、非人4戸、穢多4戸、町其外遊民1万3209戸
『加賀藩史料』
17,601 金府家数凡1万3601戸、外に士家奉公人分家4000戸の合計
元禄9年 1696年 11,927 本町2536戸、地子町9391戸 『金沢古蹟志』
元禄10年春 1697年 12,085 68,636 本町2285戸1万8949人、旧門前地大工地354戸2630人、
地子町9446戸4万7057人
『加賀藩史料』
宝永7年6月21日 1710年 12,558 64,987 『国事雑抄』
宝暦5年 1755年 13,443 外に侍屋敷1365軒(但し知行持のみ) 『稿本金沢市史』
文化7年8月 1810年 13,792 56,355 本町2540戸、旧門前地384戸、地子町1万0754戸、大工胆煎等114戸 『越登賀三州志』
14,909 町奉行支配地1万3792戸、寺社奉行支配地1117戸の合計
文化8年 1811年 11,070 本町2112戸、地子町8958戸。
但し本町4胆煎、地子町3胆煎分戸数不足
『城下町金沢』
天保9年閏4月 1838年 15,273 35,841 町方・寺社方合計、人口は15歳以上のみ 『金沢町数人口調』
安政4年2月 1857年 13,485 58,506 町方・寺社方合計、他支配2186軒を除く。
本町2650軒1万2019人、地子町9478軒4万0803人、門前地1351軒5684人
『金沢町家数人数高』
15,671 町方・寺社方合計、他支配2186軒を含む。
本町2784軒、地子町1万1281軒、門前地大工地1600軒
文久3年5月以降 1863年 15,720 町方・寺社方合計、他支配を含む。
本町3049軒、地子町1万1342軒、大工胆煎等127軒、門前地1202軒
『町役人名帳』
明治2年8月 1869年 15,715 1胆煎分戸数不足 『町役人名帳』
13,562 60,789 町方・寺社方合計、支配違2634軒を除く 『金沢町家教調』
16,196 町方・寺社方合計、支配違2634軒を含む
明治3年閏10月10日 1870年 17,222 56,295 居住制限撤廃後、家数は集計不完全、人口は町方人別之者のみ。
東郷3253軒1万2093人、西郷2263軒7943人、
南郷6600軒1万8960人、北郷5106軒1万7294人
『稿本金沢市史』
明治4年2月 1871年 24,744 123,363 全身分合計。士族4932戸2万6028人、
卒4607戸2万6888人、平民1万4907戸6万8810人、
元神官39戸139人、寺院259戸1032人、御預人466人
『金沢名数』
明治4年8月 24,146 123,453 第1区3253戸、第2区3635戸、
第3区882戸、第4区1836戸、第5区4068戸、第6区3369戸、第7区4103戸
『石川県史料』
明治5年1月29日 1872年 37,880 壬申戸籍による本籍戸数・人口。第1区5610戸、第2区5411戸、
第3区6026戸、第4区2717戸、第5区6272戸、第6区5080戸、第7区6763戸
『石川県史料』
明治6年1月1日 1873年 35,788 109,685 本籍戸数・人口[注釈 2] 『金沢市統計書』
34,580 『日本地誌提要』
34,883 『明治八年共武政表』
明治9年11月1日 1876年 23,995 108,758 本籍家数・人口 『石川県史料』
明治11年12月9日 1878年 23,937 108,263 本籍家数・人口 『石川県史料』
明治12年1月1日 1879年 23,915 107,878 本籍家数・人口 『明治十一年共武政表』
107,876 本籍人口 『日本全国郡区分人口表』

金沢城下は、1822年(文政5年)に藩主前田斉広遠藤高璟に命じて測量を行い、1828年(文政11年)までに詳細な地図である「金沢十九枚御絵図」を完成させており、市内の状況把握が可能となっている[22]

「今津甚四郎書出候人数一巻」[23] によると、享保6年(1721年)の金沢藩の15歳以上の御家中人口は6万7302人(おそらく武家奉公人を含む)。また『金沢市史』や『藩制一覧』によると、明治3年閏10月10日の旧家中人口は、華族1戸11人、士7797戸2万8683人、卒9703戸2万7038人、仲間・小者(平民扱い)2699戸5938人の合計20,200戸61,670人(但し戸数は成人男性数(名数))。江戸時代中期以降、金沢城下町に居住する武家・武家奉公人人口は4万人から5万人で推移したと推測される。以下に2人の研究者による江戸時代から明治初期の金沢の推定総人口を列挙する。なお土屋敦夫の推計人口には神社仏閣数と僧侶・神官人口(明治4年2月の時点で298箇所1171人)が加算されていない[18]。また斎藤誠治が明治11年調として『明治十一年共武政表』より引用している人口は、正確には明治12年1月1日調のものである[24]

江戸時代から明治初期の金沢の推計総人口
年号 西暦 土屋敦夫 (1980)[18][19] 斎藤誠治
(1984)

[24]

城下町
合計
武士町
居住
町人町
居住
慶安3年 1650年 114,000
寛文4年 1664年 86,300 31,200 55,100
貞享2年 1685年 62,200
元禄10年 1697年 111,200 42,600 68,600
宝永7年 1710年 70,600
寛延3年 1750年 128,000
宝暦5年 1755年 116,600 44,900 71,700
文化7年 1810年 68,900
文政4年 1821年 114,600 46,500 68,100
天保9年 1838年 73,500
嘉永3年 1850年 118,000
文久3年 1863年 73,600
明治4年 1871年 122,900 48,100 74,800
明治11年 1878年 107,878

江戸時代の金沢の人口は17世紀後半には10万人を超え、江戸、大坂、京の三都には及ばないものの、名古屋と並ぶ日本第4位から第5位の都市として発達し、美術工芸など現在に受け継がれる都市文化が花開いた。江戸時代は金銀複本位制であったため、マネタリーベースの増加に金銀山を領内に保有・管理することは重要であった。特に、参勤交代などの出費(金銀)が定期的に必要な中で領内のマネタリーベースを増加させようと思うと、領内産物を大都市に輸出し貨幣(金銀)を得る必要があった為、江戸時代は大都市が不況に陥ると途端にデフレに陥る構造をしていた。しかし、金銀山を有していれば、自前でマネタリーベースを増加させることができ(江戸後半にかけて、それでも不足し藩札が重要となってきた)、加賀藩は「越中七金山(加賀藩極秘金山でいわゆる黄金郷)」「尾小屋鉱山、金平金山、遊泉寺銅山(現小松市)」「刀利銀山」など、多数の鉱山を所有していたため、非常に経済的に潤っていた。そのような経済的潤いが背景となり、文化が花開いた。江戸時代の武士の給与体系は石高制であり、基本的に米で支給されていた。従って、江戸時代末期になるにつれ、経済の発展と共に米以外の商品作物など高価なものが増え、武士はどんどん貧乏になっていった。逆に百姓は、農業のみに専念しているわけではなく工商などを営むことで、経済発展に寄与し裕福であった。従って、大多数の武士は農工商も営んで生計を立てていた。また、加賀藩の十村制においては豪農と呼ばれる特別に裕福な者もいた。生産性の向上と共に、金銀山の採掘のみならず、藩は藩札によりマネタリーベースを増加できたことが要因と考えられる。さらに、天明の大飢饉を境に北前船に代表される海上輸送が発達。1811年文化8年)に加賀藩の御用商人だった銭屋五兵衛が海運業に参入し、蝦夷地との回漕業、大坂の米相場や保険まで行い、藩への献上金の見返りに北方領土やイギリス、ロシアと密貿易を行ない、莫大な利益を得て加賀一の金持ちとまで言われていた。広く加越能では米の増産を奨励、絹織物の生産に努めた(尚、生糸・加賀絹は現南砺市と小松市が主体であった)。1859年安政6年)の開国以降、金銀の含有量をペースとした固定相場制になり、激しい自国通貨安であったため、当時の日本の生糸はヨーロッパの半値以下で購入できた。特に生糸貿易は成長産業として発展することになり、明治維新後の軽工業中心の経済の礎となった。

幕末から明治維新のころの金沢は人口において東京、大阪、京都、名古屋に次ぐ日本第5位の都市であったが、明治時代に入ると産業・交通発達の基軸が太平洋側へと移り、明治20年ごろには六大都市を形成することになる神戸横浜にも人口で抜かれる。金沢は明治維新後に城下町の大消費者であった武士の失業と士族授産の失敗により、特に経済が落ち込こみ激しい人口流出が起きたためである。というのも、明治維新後の徴兵国論の布告により士族は軍事専門担当から外れたにも関わらず、露頭に迷うことを防ぐために秩禄が供給され続けたことで世間の反感を買い、士族は生活困窮に加え世間的にも肩身の狭い状態に陥っていた。以降、段階的に、家禄税(累進課税による徴収)、家禄奉還制度(家禄放棄による現金・秩禄公債支給・農業用土地の低価販売)、廃刀令、秩禄処分に至ったことで、不平士族により西南戦争が起き、翌年には加賀藩出身の士族により大久保利通が暗殺されるほどであった。そして、明治10年代に士族(旧藩時代における平士以上の家系)の9割以上は転出したが、もともと生活水準が比較的低くかつ他の生業に従事していた軽輩の武士は、明治維新による生活の急激な変化を受けることが比較的少なく、ある程度は残ったと考えられている。万石以上の上級武士は、一部は中級武士と同様に公務職などに転身したが、一方で明治期以降の消息が不明な者が少なくなく、かつての地位に対応した格式や生活習慣を引きずりつつ各方面からの支援も受けられないまま債務不履行や行き場がなくなった(無職の)者も多かったと推測される[25]。尚、江戸時代、嫡子以外は藩につかえず町人や農民になれば藩士ではなくなっていため、末裔がいないという意味ではない。さらに、近代化の日本において最大産業であった軽工業は旧加賀藩領では隣県の現富山県南砺市旧城端町(加賀藩時代の絹織物の主力都市)を中心に発展した。しかし、没落した士族を救済する為に 長谷川準也 が、製糸・撚糸会社を設立し、当時全国で2番目の規模を誇った(全国初の官営範器械製糸工場は富岡製糸場)。製糸織物業が金沢の産業として広がり、国内初の力織機も開発された。また、北陸本線が全国的に見ても早期に敷設されるなどの鉄道導入が進んだりと、物資流通が変貌したことで、概ね金沢・大聖寺などの鉄道駅や市街地が発展していった。さらに金沢には旧制第四高等学校金沢大学の前身)や日露戦争旅順攻囲戦で知られる陸軍第九師団が置かれ、学都・軍都として栄えていった。大正、昭和と電気機械化が進んだが、加賀藩時代に藩の有力財源であった銅の採掘権を取得した竹内明太郎(吉田茂の実兄)が、採掘の電気機械化とともに小松鉄工所(後のコマツ)を設立、工作機械、鉱山用機械を製造した。

1927年(昭和2年)1月、北陸地方が豪雪となり金沢市内でも3メートルの積雪を記録。家屋の倒壊が相次いだ。また、同年4月21日には横安江町から火災が発生。強風に煽られ延焼して733戸が全焼する大火となった[26]

第二次世界大戦中には軍管理工場の指定を受け軍需を支えた多数のモノづくり企業が金沢市を中心に県内に創立された。尚、陸軍第九師団の全国屈指の軍事演習場が、加賀藩時代には鷹狩場であった隣県南砺市立野原に造られ、立野原監的壕 が市の史跡として今でも残る。第二次世界大戦中は機銃掃射など(金沢空襲)があったものの大規模空襲を免れ、古い町並みが残った(石川県内では空襲で60人以上が死傷した)。

年表(第二次世界大戦後) 編集

[27][28]

地名の移り変わり 編集

現在の金沢市中心部は、古くは石浦村と呼ばれていた。尾山御坊が置かれたことで寺内町として発展し、南町、西町、松原町、安江町、近江町、堤町、金屋町、材木町といった町が成立した。これを総じて尾山八町、或いは単に「尾山」と呼んだ。なお、尾山という地名は、「二つの川に挟まれた台地の先端」という意味を持つ。後に、前述の芋掘り藤五郎の伝説から「金沢」と称するようになるが、こちらの地名も室町時代まで遡ることが確認されており2つの地名が併用されていた。前田利家が城主になると一度「尾山」に戻され、家督を長男の前田利長が継いだ後に再び「金沢」となった。

旧町名の復活運動 編集

金沢市は、1962年(昭和37年)に「住居表示に関する法律」の実験都市に指定され、500余りの町名が消滅してしまった。しかし、長年慣れ親しんだ旧町名の復活を望む声が多く、主計町を皮切りに次々と旧町名が復活した。これを受けて長崎市など全国へ旧町名復活運動が広がっていった。

行政区画変遷 編集

  • 1878年明治11年)12月17日 - 郡区町村編制法の施行により、金沢城下534町[注釈 4]の区域をもって、金沢区が発足する。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 市制の施行により、金沢区の区域をもって、金沢市が発足する。10.40 km2
  • 1924年大正13年)1月1日 - 金沢市の区域及び石川郡野村の区域の内、字泉野の区域の一部の境界を変更する。10.61 km2
  • 1925年(大正14年)
    • 4月1日 - 石川郡野村を編入する。16.82 km2
    • 4月10日 - 石川郡弓取村を編入する。20.05 km2
  • 1935年昭和10年)12月16日 - 石川郡富樫村潟津村米丸村鞍月村粟崎村及び大野町を編入する。51.55 km2
  • 1936年(昭和11年)4月1日 - 石川郡崎浦村三馬村及び河北郡小坂村を編入する。90.71 km2
  • 1943年(昭和18年)
  • 1947年(昭和22年)5月3日 - 河北郡三谷村の区域の内、字釣部の区域を編入する。114.16 km2
  • 1949年(昭和24年)6月1日 - 河北郡川北村を編入する。122.10 km2
  • 1954年(昭和29年)7月1日 - 石川郡安原村額村内川村犀川村及び湯涌谷村を編入する。303.76 km2
  • 1956年(昭和31年)1月1日 - 石川郡押野村を編入する。309.79 km2
  • 1957年(昭和32年)
    • 4月5日 - 河北郡浅川村を編入する。393.40 km2
    • 4月10日 - 押野地区の区域の一部を石川郡野々市町に編入する(境界変更)。391.34 km2
  • 1962年(昭和37年)6月1日 - 河北郡森本町を編入する。458.78 km2
  • 1965年(昭和40年)7月30日 - 河北潟の一部埋立の区域を編入する。458.90 km2
  • 1967年(昭和42年)10月27日 - 河北潟の一部埋立の区域を編入する。459.18 km2
  • 1968年(昭和43年)4月1日 - 金沢市及び石川郡野々市町の区域の境界を変更する。459.19 km2
  • 1969年(昭和44年)3月1日 - 金沢市及び石川郡野々市町の区域の境界を変更する。459.21 km2
  • 1971年(昭和46年)3月2日 - 河北潟の一部埋立の区域を編入する。459.31 km2
  • 1980年(昭和55年)
    • 2月1日 - 金沢市及び石川郡野々市町の区域の境界を変更する。459.31 km2
    • 5月13日 - 大野町4丁目及び粟崎町4丁目に隣接する公有水面埋立の区域を編入する。460.20 km2
    • 9月1日 - 金沢市及び石川郡野々市町の区域の境界を変更する。460.20 km2
  • 1981年(昭和56年)10月1日 - 河北潟干拓地内の金沢市、河北郡津幡町宇ノ気町及び内灘町の区域の境界が確定する。468.09 km2
  • 1988年(昭和63年)10月1日 - 国土地理院における新しい測定方法による修正。467.77 km2
  • 1992年平成4年)3月1日 - 金沢市及び松任市の区域の境界を変更する。467.77 km2
  • 1996年(平成8年)6月1日 - 金沢市及び河北郡津幡町の区域の境界を変更する。467.77 km2
  • 1999年(平成11年)5月1日 - 金沢市及び石川郡野々市町の区域の境界を変更する。467.77 km2

人口 編集

かつては、ドーナツ化現象が顕著で、郊外の太陽が丘などにニュータウンが建設されたが、近年は都心部に集合住宅が盛んに建設されており、都心回帰が鮮明となっている。山間部では空き家が目立ち、高齢化が深刻となっている。2000年(平成12年)以降、人口は横ばいを続けている。

 
金沢市と全国の年齢別人口分布(2005年) 金沢市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 金沢市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

金沢市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政 編集

市長 編集

副市長 編集

  • 未定

歴代市長 編集

石川県第十大区長
氏名 就任 退任 備考
1 1 大野木克正[151] 1876年(明治9年)11月1日 1878年(明治11年)12月17日
歴代区長
氏名 就任 退任 備考
大野木克正[152] 1878年(明治11年)12月17日 1879年(明治12年)4月10日 金沢区書記、区長代理
1879年(明治12年)4月10日 1879年(明治12年)7月7日 区長心得
石川昌三郎[152] 1879年(明治12年)7月7日 1879年(明治12年)11月11日 区長心得
1 1 相馬朔郎[152] 1879年(明治12年)11月11日 1881年(明治14年)6月20日
2 2 加藤恒[152] 1881年(明治14年)6月20日 1881年(明治14年)10月8日
3 3 梅原可也[152] 1881年(明治14年)10月8日 1884年(明治17年)2月18日
4 4 稲垣義方[152] 1884年(明治17年)2月18日 1889年(明治22年)3月31日
歴代市長
氏名 就任 退任 備考
1 1 稲垣義方 1889年(明治22年)5月27日 1893年(明治26年)4月11日
2 2 長谷川準也 1893年(明治26年)6月23日 1897年(明治30年)12月2日
3 3 奥村栄滋 1898年(明治31年)1月12日 1902年(明治35年)5月10日
4 4 渡瀬政礼 1902年(明治35年)6月16日 1908年(明治41年)6月15日
5 1908年(明治41年)7月24日 1909年(明治42年)11月6日
6 5 山森隆 1909年(明治42年)12月15日 1915年(大正4年)12月14日
7 1915年(大正4年)12月15日 1919年(大正8年)5月14日
8 6 飯尾次郎三郎 1919年(大正8年)5月28日 1922年(大正11年)4月24日
9 7 相良歩 1922年(大正11年)5月23日 1926年(大正15年)5月22日
10 1926年(大正15年)5月23日 1930年(昭和5年)5月22日
11 8 吉川一太郎 1930年(昭和5年)6月9日 1934年(昭和9年)6月8日
12 9 片岡安 1934年(昭和9年)7月13日 1936年(昭和11年)4月20日
13 10 澤野外茂次 1936年(昭和11年)7月30日 1940年(昭和15年)7月29日
14 1940年(昭和15年)7月30日 1944年(昭和19年)7月29日
15 1944年(昭和19年)7月30日 1945年(昭和20年)9月22日
16 11 武谷甚太郎 1945年(昭和20年)10月18日 1947年(昭和22年)2月28日
17 12 井村重雄 1947年(昭和22年)4月5日 1951年(昭和26年)4月4日
18 1951年(昭和26年)4月23日 1955年(昭和30年)4月22日
19 13 土井登 1955年(昭和30年)5月2日 1959年(昭和34年)5月1日
20 1959年(昭和34年)5月2日 1963年(昭和38年)1月16日
21 14 徳田與吉郎 1963年(昭和38年)2月10日 1967年(昭和42年)2月9日
22 1967年(昭和42年)2月10日 1971年(昭和46年)2月9日
23 1971年(昭和46年)2月10日 1972年(昭和47年)7月8日
24 15 岡良一 1972年(昭和47年)8月6日 1976年(昭和51年)8月5日
25 1976年(昭和51年)8月6日 1978年(昭和53年)11月23日
26 16 江川昇 1978年(昭和53年)12月10日 1982年(昭和57年)12月9日
27 1982年(昭和57年)12月10日 1986年(昭和61年)12月9日
28 1986年(昭和61年)12月10日 1990年(平成2年)12月9日
29 17 山出保 1990年(平成2年)12月10日 1994年(平成6年)12月9日
30 1994年(平成6年)12月10日 1998年(平成10年)12月9日
31 1998年(平成10年)12月10日 2002年(平成14年)12月9日
32 2002年(平成14年)12月10日 2006年(平成18年)12月9日
33 2006年(平成18年)12月10日 2010年(平成22年)12月9日
34 18 山野之義 2010年(平成22年)12月10日 2014年(平成26年)12月9日 [注釈 5][153]
35 2014年(平成26年)12月10日 2018年(平成30年)12月9日
36 2018年(平成30年)12月10日 2022年(令和4年)2月16日 [154]
37 19 村山卓 2022年(令和4年)3月13日 現職 [150]

金沢市の行政組織 編集

石川県の機関 編集

国の行政機関 編集

司法機関 編集

独立行政法人 編集

議会 編集

市議会 編集

役員 編集

(2023年5月11日現在[155][156][157]

  • 議長 - 高誠(自由民主党金沢市議員会)
  • 副議長 - 中川俊一(自由民主党金沢市議員会)

定数・会派 編集

  • 定数:38人
  • 任期満了日:2027年(令和9年)5月1日[158]

(2023年6月8日現在[159]

会派 議員数 所属議員
自由民主党金沢市議員会 16 高村佳伸 横越徹 福田太郎 久保洋子 野本正人
喜多浩一 坂本泰広 高誠 中川俊一 小間井大祐
北幸栽 麦田徹 上田雅大 前誠一 荒木博文
柿本章博
公明党金沢市議員会 4 源野和清 稲端明浩 坂秀明 山本ひかる
みらい金沢 4 森一敏 坂本順子 黒口啓一郎 川島美和
日本共産党金沢市議員団 3 森尾嘉昭 広田美代 山下明希
創生かなざわ・維新の会 3 玉野道 熊野盛夫 大西克利
金沢保守・こくみん議会   2 粟森慨 新谷博範
金沢さくら会 1 清水邦彦 下沢広伸
心つなぐ金沢 2 宇夛裕基 道上周太
結び会 1 喜成清恵
参政党 1 高務淳弘
38

委員会 編集

(2023年9月14日現在[160]

  • 議会運営委員会(定数12)
  • 常任委員会
    • 総務常任委員会(定数8)
    • 経済環境常任委員会(定数7)
    • 市民福祉常任委員会(定数8)
    • 建設企業常任委員会(定数7)
    • 文教消防常任委員会(定数8)
  • 特別委員会
    • 地域交通特別委員会(定数10)
    • 少子化対策特別委員会(定数10)
    • 公共施設再整備特別委員会(定数10)
    • 議会基本条例検証特別委員会(定数8)
    • 一般会計等決算審査特別委員会(定数8)
    • 企業会計等決算審査特別委員会(定数8)
  • 議会広報委員会(定数6)

石川県議会(金沢市選出) 編集

  • 定数:16名[161]
  • 任期満了日:2027年(令和9年)4月29日[158]
議員名 会派名 備考
紐野義昭 自由民主党石川県議会議員協議会
下沢佳充 自由民主党石川県議会議員協議会
中村勲 自由民主党石川県議会議員協議会
米澤賢司 自由民主党石川県議会議員協議会
盛本芳久 未来石川議員会
谷内律夫 公明党
佐藤正幸 日本共産党
安居知世 自由民主党石川県議会議員協議会
不破大仁 自由民主党石川県議会議員協議会
川裕一郎 参政党
田中敬人 自由民主党石川県議会議員協議会
太郎田真理 自由民主党石川県議会議員協議会
長田哲也 自由民主党石川県議会議員協議会
打出喜代文 未来石川議員会
小松実 公明党
田中美絵子 未来石川議員会

衆議院 編集

  • 選挙区:石川1区(金沢市)
  • 任期:2021年10月31日 - 2025年10月30日
  • 投票日:2021年10月31日
  • 当日有権者数:376,122人
  • 投票率:52.20%
当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 重複
小森卓郎 51 自由民主党 88,321票
荒井淳志 27 立憲民主党 48,491票
小林誠 44 日本維新の会 45,663票
亀田良典 72 日本共産党 8,930票

姉妹都市・提携都市 編集

姉妹都市の多くは、その地方の中心的都市であったり、歴史的遺産を持つ古都であるのが特徴的である。

日本国外 編集

姉妹都市
提携都市
その他
  • 世界歴史都市連盟
    歴史都市の保存と開発をテーマにした世界都市の集まりに加盟している。

日本国内 編集

提携都市
その他
  •  加賀小京都「金沢」として全国京都会議に過去に加盟していたが、当時の市長であった山出保によって脱退した。これは、金沢は京都のように公家文化で栄えた町と違い武家文化の町であるという理由からであった。しかし、観光都市として「加賀の小京都」と称されることがある。

国際機関 編集

国連機関

領事館

経済 編集

農林水産業 編集

市内から周辺市町村へ広がる金沢平野は、低温であるものの水利がよく適湿で、江戸時代から良質の農地であった。明治時代中期には、他地方に先駆けて近代的な耕地整理が行われ、生産性が飛躍的に向上した。現在でも、単作の稲作中心の農業が継承されており、北陸地方の他地域と並んでコシヒカリの主要な産地の一つである。

稲作だけでは採算が望めない農地については、小規模でも生産でき付加価値の高い作物、さつまいも蓮根などの加賀野菜などの果実の生産に移行する動きがみられる。

また、北前船の寄港地であった大野港や金石港から金沢港が整備され、ここを拠点とした水産業も盛んである。

製造業 編集

伝統製造業・工芸品 編集

 
製造過程の金箔

江戸時代に金沢を治めた加賀藩は、石高は高いものの外様大名であったため、幕府や周囲に警戒されないよう内向きの産業や工芸を奨励した。そのため、当時から絹織物の主要な産地であった。また、藩の財政に余裕があったため、京都などから職人を招聘し、加賀友禅などの染織工芸を育成することができた。これらを基盤として、明治時代には繊維工業や染織加工業が発達した。ただし現在では、中国などから安価な製品が輸入されるようになったため、高機能商品の生産に特化する動きがみられる。現在でも金箔の製造は全国シェアの98%、銀箔は100%、市民1人当たりの和菓子購入額全国第1位である。 また、大野地区では醤油の製造が昔から盛んで、現在も直源が製造している「直っぺ」などがある。

近代製造業・工業 編集

繊維製品の生産に必要な織機の製造は現在でも衰退しておらず、ジェット・ルーム(高速の気流や水流で横糸を飛ばす方式の織機)を生産する津田駒工業本社工場は、世界最大の織機製造工場と言われている。また、こうした高速制御が可能な複合的な機械製造技術は他分野にも転用され、ボトリング・システム(瓶詰め機械)で世界一の澁谷工業や、自動給茶装置付き回転寿司コンベア機でトップシェアを持つ石野製作所など、一風変わった機械の製造に結びついている。

近年では、パソコン周辺機器に関する企業群が急速に成長している。市内で創業したパソコン周辺機器大手のアイ・オー・データ機器は、当地の小規模な繊維工場では手が届かなかったメインフレームではなく、マイコンを利用した工場制御用の周辺機器開発からスタートした企業であり、コンピュータ関連の大手企業が手がけなかった需要に応えて成長の軌道に乗った。また、織物用の柄を修正するディスプレイ装置の開発といった細かな需要の発掘でも、繊維工業が周辺産業へ影響を与えたことがうかがえる。

卸売・小売業 編集

 
香林坊
 
片町
 
竪町
 
広坂

中心部にある市内最大の繁華街香林坊片町地区には、百貨店大和本店をキーテナントとした香林坊アトリオハンズなどが入居する香林坊東急スクエア、アパレルなど多数の路面店が軒を連ねる竪町通りがある。また、香林坊に隣接する片町地区は、約1500もの飲食店がある北陸最大の歓楽街となっている。中心部の主な商店街は香林坊商店街、竪町商店街、広坂振興会(商店街)、柿木畠振興会(商店街)、片町商店街。

一方、もう一つの繁華街である武蔵地区には金沢エムザ近江町市場がある。なかでも近江町市場は、市場独特の風情が味わえることから訪れる観光客も多く、金沢市内の観光地のひとつとしても有名。2009年4月16日には市街地再開発事業により、近江町いちば館が開業した。

金沢駅周辺では北陸新幹線開業を控えた時期にさらなる開発が進んだ。駅東口横にイオン系列のファッションビルである金沢フォーラスが開業、金沢百番街では2007年5月26日にくつろぎ館がオープン、2011年3月3日にはトレンド館を大幅に改装したRintoがオープンするなど、駅ビル駅ナカの商業施設の集積が進んだ。また、北陸新幹線開業を受けて都市型マンションやビジネスホテルの集積も顕著である。そのため、駅周辺の商業地としての地位が向上し、テナントビルの空室率は駅周辺ビルを中心に大幅に改善した。それに伴い、商圏は香林坊・片町地区、武蔵地区、金沢駅前地区と三極化し始めた。[要出典]

また、金沢大学石川県庁などの公共施設が市街地から郊外へ移転したことや、イオンタウン金沢示野アピタタウン金沢ベイ、ラパーク金沢(メガ・ドン・キホーテ)などのショッピングセンターロードサイドショップが開業し、国道8号線沿いや山側環状道路および海側環状道路周辺などの郊外が著しく発展していることから、中心街の空洞化、購買客の流失が懸念されている。[要出典]

本社を置く企業 編集

上場企業
主な非上場企業

本店を置く企業 編集

支店を置く主な金融機関 編集

中央銀行
政策金融機関
系統中央機関
メガバンク都市銀行信託銀行地銀第二地銀
信用金庫信用組合労働金庫
ゆうちょ銀行

拠点を置く主な生活協同組合 編集

教育 編集

 
金沢大学角間キャンパス
 
北陸大学太陽が丘キャンパス

大学 編集

国立
公立
私立

短期大学 編集

専修学校 編集

高等専門学校 編集

廃校

高等学校 編集

中学校 編集

国立
県立
市立
私立

小学校 編集

国立 編集

公立 編集

私立 編集

特別支援学校 編集

養護学校

施設 編集

警察 編集

消防 編集

金沢市消防局が管轄する。

  • 中央消防署
    • 高尾台出張所
    • 泉野出張所
    • 味噌蔵出張所
    • 小立野出張所
  • 駅西消防署
    • 玉川出張所
    • 鳴和出張所
    • 森本出張所
  • 金石消防署
    • 三和出張所
    • 臨港出張所

主な医療機関 編集

※病床数200以上の医療機関のみ記述する。

図書館 編集

財団法人の図書館
  • 県国際情報ライブラリー
    財団法人石川県国際交流協会)
学外者の館外貸出し利用が可能な大学
  • 金沢大学
  • 金沢星稜大学
  • 北陸大学
  • 北陸学院短期大学
  • 金沢美術工芸大学

美術館・博物館・記念館 編集

ホール・劇場・その他の文化施設 編集

芸術音楽スタジオ 編集

公園・緑地・運動場・野球場・グラウンド 編集

体育館・アリーナ 編集

プール 編集

  • 金沢市営鳴和台プール
  • 健民海浜プール

テニスコート 編集

  • 城北市民テニスコート
  • 城東テニスコート
  • 東金沢スポーツ広場
  • 西金沢テニスコート
  • 大徳テニスコート
  • 城東テニスコート

ゲレンデ 編集

交通 編集

鉄道 編集

 
金沢駅
西日本旅客鉄道(JR西日本)
IRいしかわ鉄道
北陸鉄道

2024年令和6年)3月16日北陸本線がIRいしかわ鉄道に移管されて以降、本州の県庁所在地では唯一、市内に在来線が存在しない[注釈 7]

空港 編集

IATA都市コードはQKWが充てられている。小松空港(空港コードKMQ)から、2022年時点で国内線は東京(羽田)札幌(新千歳)福岡那覇へそれぞれ就航している。国際線の発着もある。小松空港へは金沢駅西口から小松空港リムジンバスによって約40分で結ばれている。

路線バス 編集

金沢市街地に高頻度の路線網を持ち、観光用には城下まち金沢周遊バスが走る。
能登方面や小松空港といった、県内各地を結ぶ特急バス・急行バスも多数運行。
高速バス名古屋新潟富山高山白川郷)と、各主要都市との路線がある。
金沢市北部に多くの路線網を持つ。過去には県境を越えて富山県南砺市の福光駅発着の系統を持ち、福光以南名古屋駅までの名金線があった。
高速バスは大阪京都福井)、名古屋、仙台との路線に参入している。
金沢駅西口と富山県の福光駅・旧井波駅の間で路線バスを運行。
高速バスは砺波駅との路線があり、土曜日休日三井アウトレットパーク北陸小矢部を経由する。
高速バスのみ運行。北陸鉄道が運行支援を行っている。
東京、大阪方面へ高速バスを運行。東京方面は東北急行バスと、大阪方面は近鉄バスと共同運行を行っている。
青い車体が特徴。金沢駅を起終点に、市内中心部の商店街を20分ないしは30分間隔100円で周回している(土曜日・日曜日および祝日のみ運行)。運営は金沢商業活性化センター(金沢市出資の第三セクター)であるが、西日本JRバスに委託している。
金沢市が運営し、北陸鉄道と西日本JRバスに委託運行しているコミュニティバス。「此花ルート」、「菊川ルート」、「材木ルート」および「長町ルート」の4ルートがある。いずれのルートも旧市街の裏通りが経路として含まれており、そこへ走り得る小型の車体と100円均一の低運賃が特徴。

この他に、高速ツアーバスから新高速乗合バス制度へ移行した高速バスが金沢駅西口を中心に発着している。

乗合タクシー 編集

金沢市と沿線住民で構成されている「次世代型交通システム推進協議会」が運営し、なるわ交通と金城交通に委託運行しているデマンド型乗合タクシー。区域運行のため時刻表はない。事前登録が必要で、沿線住民のみ登録可能である。運行地域での西日本JRバスの撤退に伴い、2022年令和4年)7月1日より運行を開始した。

その他の交通手段 編集

道路 編集

金沢市街地は加賀前田藩の城下町として栄えた歴史があり、初代藩主前田利家は、甲州流兵学に基づいて城下に敵が攻め込みにくいよう、他の城下町以上に道に曲がり角を多数設けた設計がなされた[167]。市内の道路は道が入り組んでいて分かりにくいという指摘があるが、これは金沢が戦災に遭わなかったこともあり、藩政時代の区画がそのまま残されて今の道路に引き継がれた名残である[167]

高速道路
自動車専用道路
一般国道
一般県道
国道・県道以外の主要幹線・バイパス

その他、市道を含む、金沢市内の道路には、さまざまな通称名がつけられている。詳しくは金沢市内の通りを参照のこと。

港湾 編集

マスメディア 編集

新聞
テレビ
ラジオ
フリーペーパー

全国紙では、朝日新聞毎日新聞産経新聞日本経済新聞の4紙は大阪本社で発行された物が、読売新聞北陸支社富山県高岡市読売新聞東京本社の支社)で発行された物が販売されている。読売新聞については夕刊も発行されている。

文化の金沢 編集

金沢市を含む「金沢地域[注釈 8]」の観光入込客数は518.7万人(2021年(令和3年))で、兼六園への来客が全体の約17%(88.0万人)を占める[168][注釈 9]。伝統的な建造物や工芸、文化が遺り、「北陸の京都」とも呼ばれるが、江戸期に成立した町であることから江戸の町の典型を遺し、また、京都が伝統文化を対外的な売り物としている「観光都市」であるのに対し、金沢はそれらを生活の中で消費する「文化都市」であるとも一時は言われていたが[169]、2015年の北陸新幹線開通などを受け国際観光都市を目指した街づくりが推進されている。

主な観光地 編集

 
兼六園
 
成巽閣
 
長町武家屋敷跡
 
茶屋街(東山ひがし)
 
茶屋街(主計町)

江戸時代に金沢城の庭園として作られた兼六園は、水戸偕楽園岡山後楽園とともに日本三名園とされる。名称「兼六」の由来は、宋代の洛陽名園記が指摘する、庭園にとって両立しがたい六つの特性、宏大と幽邃、人力と蒼古、水泉と眺望を兼ね備えていることによる。兼六園に隣接して江戸末期に建てられた成巽閣前田家奥方御殿である。内部の意匠は女性らしい可憐で優美なしつらえや造りとなっている。

この兼六園から百間堀を隔てた金沢城跡には、当時の建造物のうち一部である石川門や三十間長屋などが現存している。この跡地には城の中の大学として金沢大学のキャンパスがあったが、郊外(角間)へ移転した。その後一部の櫓や門、庭園などが当時の技術のままに復元され、一般に公開されている。

市内中心部の長町には石畳に整備された路地に並ぶ武家屋敷跡に野村家庭園があり、加賀友禅の長町友禅館(旧彩筆庵)と並んで内部を見学することができる。中には小さい滝があり、立体的な配置のため街中とは思えない奥行きがある風景を楽しめる。

市内には、犀川浅野川の二つの川が流れている。浅野川沿いの東山周辺、東の茶屋街(旧東の郭)には江戸時代の遊郭に由来する古い町並みが残る。内部を改装して飲食店などに利用されている家もある。東山ひがし地区主計町重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。背後にある卯辰山からは市街地から遠く日本海までを見渡すことができる。一方犀川沿いには、にし茶屋街(旧西の郭)がある。

犀川からほど近い寺町妙立寺は、内部に外敵を避けるための隠し通路や階段などの工夫が施されていることから「忍者寺」と呼ばれ人気がある。海外のガイドブックにも紹介されている。

この他、2010年10月に東山に移転オープンした安江金箔工芸館では金箔の製造工程や箔打ちなどの実演を観ることができる。松根城は市の史跡に指定されている。

2004年に開館した金沢21世紀美術館は市街地の中心部に立地し、現代美術をテーマとした展示を行っている。開館1年で地方都市の公立美術館としては驚異的な157万人の入館者を集め、5周年にあたる2009年には累計入館者数700万人を突破し[170]、兼六園と並ぶ新たな観光資源として注目されている。

金沢市の海に面した地域に大野地区醤油の産地で、今でも醤油蔵が立ち並んでいる。町並保存地区として独特の風情を楽しむことができる、商業の町である。

近年、台湾を始めとした日本国外からの観光客も増えており、仏ミシュランの2009年3月発行の「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2009」では、兼六園が3ツ星、金沢21世紀美術館と長町武家屋敷跡の野村家が2ツ星を獲得している[171]

北陸新幹線の開業により、これまで少なかった関東や東北などからの観光客が増加し、ホテルの建設ラッシュなども進んでいる。

行事・イベント 編集

金沢百万石まつりが有名。毎年6月に前田利家の金沢入城を模した行列が街の中を練り歩く。利家役には男性有名人が選ばれている。友禅灯籠流しや百万石踊り流しなどの協賛・関連行事も多く催される。

湯涌地区では、毎年6月30日に氷室開きと呼ばれる藩政期より伝わる伝統行事が行なわれる。

イベントでは、毎年2月初旬にいしかわ四高記念公園で行われるフードピア金沢、毎年5月初旬にクラシック音楽祭いしかわ風と緑の楽都音楽祭(旧ラ・フォル・ジュルネ金沢)、8月には香林坊から武蔵が辻が歩行者天国となる金沢ゆめ街道が開催される。

宗教施設 編集

市内には、神社が330余り、仏教寺院が390余りある。仏教寺院を宗派別に見ると、他宗派が17世紀からほぼ横ばいなのに対して浄土真宗の寺院のみが3倍あまりに増加し、寺院全体の半数を超える210寺が立つ。これは、親鸞の子孫である綽如巧如の父子が北陸地域へ教線を延ばし、さらに巧如の孫にあたる蓮如が、北陸地域で熱心に布教活動を行ったからといえる。その内の192寺が真宗大谷派である。

神社 編集

 
尾山神社。神門三層目の窓に五色のステンドグラスがはめ込まれている。設置されている避雷針は日本最初。

金沢五社

その他の主な神社

寺院 編集

キリスト教会 編集

その他 編集

名産品 編集

料理 編集

 
ゴリのから揚げ

菓子 編集

金沢では加賀藩が茶菓子作りを奨励したため高度な菓子文化が育まれ、京都市松江市などと並ぶ「日本三大菓子処」として知られてきた。正月に食べる福梅辻占や、初夏に食べる氷室饅頭婚姻の際に振舞われる五色生菓子金花糖などのいわゆる縁起菓子は、菓子文化の成果の一つといえよう。

市内には今でも「森八」、「諸江屋」、「俵屋」、「柴舟小出」、「村上」といった和菓子の老舗が至る所にある。特に森八で作られている長生殿日本三名菓の一つである。

日本酒 編集

  • 加賀鳶(福光屋
  • 黒帯(福光屋)
  • 御所泉(武内酒造店)

海産物 編集

農作物 編集

土産品 編集

B級グルメ 編集

伝統工芸 編集

金沢市では数多くの伝統産業が継承されている。

伝統芸能 編集

温泉 編集

金沢温泉郷
その他

スポーツチーム 編集

その他 編集

金沢市を舞台とした作品 編集

唱歌 編集

  • 鉄道唱歌第四集北陸篇』(1900年10月)
    • 作者の大和田建樹は、上野から米原まで移動する過程において、北陸の都会として栄えた金沢には新潟とともに重点をおき、4番を割いて歌っている。
56.津幡にかえり乗り換えて ゆけば金沢ステーション 百万石の城下とて さすが賑う町のさま
57.名も兼六の公園水戸岡山と諸共に かぞえられたる吾(わが)国の 三公園の其(その)一つ
58.柳みどりに花赤く おちくる滝の水白し 雲にそびゆる銅像は 西南役の記念碑よ
59.第九師団も県庁も 皆此(この)町にあつまりて 海の外(ほか)までひびきたる その名物は九谷焼

歌謡曲 編集

テレビドラマ 編集

文学 編集

映画・演劇 編集

漫画 編集

アニメ 編集

ゲーム 編集

金沢市出身の有名人 編集

政財界 編集

官界 編集

学界 編集

芸術 編集

芸能・マスコミ 編集

スポーツ 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 石川県・福井県は雨が多く「弁当忘れても傘忘れるな」という言葉がよく使われる。加藤迪男『お国柄ことばの辞典』(東京堂出版p.99f)では「富山浄瑠璃加賀謡」という言葉を紹介している。
  2. ^ 『金沢市統計書』では明治5年12月末とある。
  3. ^ 金沢市西念:震度5強、金沢市弥生:震度5弱
  4. ^ 泉町・泉新町・有松町・芦中町・地黄煎町・六斗林一丁目・六斗林二丁目・六斗林三丁目・六斗林弓ノ町・桃畠町・三間道・桜木一ノ小路・桜木二ノ小路・桜木三ノ小路・桜木四ノ小路・桜木五ノ小路・桜木六ノ小路・桜木七ノ小路・桜木八ノ小路・桜木九ノ小路・桜木十ノ小路・沼田町・茶畠一ノ小路・茶畠二ノ小路・堀込町・笹下町一ノ小路・笹下町二ノ小路・笹下町三ノ小路・泉寺町・桜畠一番丁・桜畠二番丁・桜畠三番丁・桜畠四番丁・桜畠五番丁・桜畠六番丁・桜畠七番丁・桜畠八番丁・桜畠九番丁・桜畠十番丁・長良町・野田寺町一丁目・野田寺町二丁目・野田寺町三丁目・野田寺町四丁目・野田寺町五丁目・上石伐町・下石伐町・仙人町・蛤坂町・蛤坂新道・野町一丁目・野町二丁目・野町三丁目・野町四丁目・野町五丁目・野町六丁目・石坂角場一番丁・石坂角場二番丁・石坂角場三番丁・石坂角場四番丁・石坂角場五番丁・石坂角場六番丁・石坂角場七番丁・石坂角場八番丁・石坂角場九番丁・石坂角場十番丁・石坂角場十一番丁・石坂角場十二番丁・石坂与力町・上小柳町・下小柳町・南石坂町・石坂川岸町・本馬町・石坂町・助九郎町・北石坂町・北石坂新町・裏五十人町・白菊町・裏千日町・千日町・西側町・五十人町・片町・河原町・大工町竪町上柿木畠下柿木畠・里見町・広坂通・十三間町・十三間町中丁・上本多町一番丁・上本多町二番丁・上本多町川御亭・中本多町一番丁・中本多町二番丁・中本多町三番丁・中本多町四番丁・中本多町欠下丁・中本多町短丁・下本多町一番丁・下本多町二番丁・下本多町三番丁・下本多町四番丁・下本多町五番丁・下本多町六番丁・池田町一番丁・池田町二番丁・池田町三番丁・池田町四番丁・池田町立丁・水溜町・上川除町・杉浦町・油車・鱗町新竪町一丁目・新竪町二丁目・新竪町三丁目・百姓町・茨木町・上主馬町・中主馬町・下主馬町・主馬町広丁・山田屋小路一番丁・山田屋小路二番丁・川岸町・枝町・中川除町・早道町・藤棚・川上新町一丁目・川上新町二丁目・川上新町三丁目・石浦新町・松本町・角場川岸町・菊川町・梅ヶ枝町・中野町一番丁・中野町二番丁・中野町三番丁・平野町・上野町・小立野新町・松下町・揚地町・一本松・上笠舞町・下笠舞町・上鶴間町・下鶴間町・元鶴間町・上石引町・中石引町・下石引町・与力町一番丁・与力町二番丁・与力町三番丁・与力町四番丁・白山町・山崎町・河内町・二十人町一番丁・二十人町二番丁・二十人町三番丁・二十人町四番丁・新坂町・上欠原町・中欠原町・下欠原町・上鷹匠町・中鷹匠町・下鷹匠町・出羽一番丁・出羽二番丁・出羽三番丁・出羽四番丁・出羽五番丁・上弓ノ町・中弓ノ町・下弓ノ町・三所町・土取場城端町・土取場撞木町・土取場永町・上安藤町・中安藤町・下安藤町・上百々女木町・下百々女木町・大音町・飛梅町・長柄町・新長柄町・手木町・台所町一番丁・台所町二番丁・台所町三番丁・台所町四番丁・台所町五番丁・台所町六番丁・台所町七番丁・上富山町・下富山町・田町新道・三十人町・天神町一丁目・天神町二丁目・天神町三丁目・天神町四丁目・板前町・品川町・田町・火除町・桜町一番丁・桜町二番丁・桜町三番丁・桜町四番丁・桜町五番丁・桜町六番丁・吹屋町・銀杏町・川端町・馬場崎町・九枚町・裏御小人町・材木町一丁目・材木町二丁目・材木町三丁目・材木町四丁目・材木町五丁目・材木町六丁目・材木町七丁目・森町一番丁・森町二番丁・森町三番丁・木曽町・成瀬町・八坂・柿木町・御小人町・十間町・博労町・上近江町・下近江町・上今町・下今町・大手町・殿町・中町・上胡桃町・下胡桃町・梅本町・梅本町東横丁・梅本町西横丁・尾張町・上新町・下新町主計町・児玉小路・味噌蔵町上中丁・味噌蔵町下中丁・味噌蔵町間ノ町・味噌蔵町片原町・味噌蔵町裏丁・橋場町・九人橋下通・又五郎町・玄蕃町一番丁・玄蕃町二番丁・玄蕃町三巡り・備中町・並木町・並木下町・小将町一番丁・小将町二番丁・小将町三番丁・小将町中丁・小尻谷町・尻垂坂通一丁目・尻垂坂通二丁目・尻垂坂通三丁目・賢坂辻通・越中町・横山町一番丁・横山町二番丁・横山町三番丁・浅野川上川除町・上堤町・下堤町・袋町青草町・栄町・松ヶ枝町・石屋小路・南町・上松原町・下松原町・高岡町・高岡町上藪ノ内・高岡町中藪ノ内・高岡町下藪ノ内・長町河岸・石浦町・仙石町・木倉町・大藪小路・長町一番丁・長町二番丁・長町三番丁・長町四番丁・長町五番丁・長町六番丁・長町七番丁・長町八番丁・南長門町・北長門町・上伝馬町・下伝馬町・横伝馬町・裏伝馬町・塩川町・富本町・裏古寺町・犀川下川除町・宝船路町・古寺町・茶木町・古藤内町・西馬場町・西御影町・新川除町・元車町・竹田町・大豆田町・梅鉢清水・高儀町・谷町・大豆田新町・下高儀町・七曲り・福富町・藺田町・蔦町・宗叔町一番丁・宗叔町二番丁・宗叔町三番丁・宗叔町四番丁・宗叔町五番丁・玉川町・穴水町一番丁・穴水町二番丁・穴水町三番丁・穴水町四番丁・穴水町五番丁・長土塀通・長土塀一番丁・長土塀二番丁・長土塀三番丁・長土塀四番丁・長土塀五番丁・長土塀六番丁・三社町・三社弓ノ町・三社五十人町一番丁・三社五十人町二番丁・三社五十人町三番丁・三社川岸・三社垣根町・三社宮ノ前・三社宮ノ後・三社山田町・古道・古道一番丁・古道二番丁・木揚場・三構・勝尾町・元菊町・西町一番丁・西町二番丁・西町三番丁・西町四番丁・西町藪ノ内通・折違町・日吉町・醒ヶ井町・大隅町・深川町・中橋町・長田町・長田弓ノ町一番丁・長田弓ノ町二番丁・長田弓ノ町三番丁・桶町安江町・横安江町・裏安江町一番丁・裏安江町二番丁・母衣町・彦三一番丁・彦三二番丁・彦三三番丁・彦三四番丁・彦三五番丁・彦三六番丁・彦三七番丁・彦三八番丁・塩屋町・下塩屋町・五宝町・瓢箪町・岩根町・堀川間ノ町・笠市町・古餌指町・巴町・東堀川町・西堀川町・中堀川町・堀川角場町・淵上町・七ツ屋町・荒町一丁目・荒町二丁目・荒町三丁目・此花町・白銀町・七宝町・新道・弓ノ町・鍛冶町・鍛冶片原町・象眼町・芳斎町・英町・六枚町柳町・島田町・田丸町・玉井町・木ノ新保一番丁・木ノ新保二番丁・木ノ新保三番丁・木ノ新保四番丁・木ノ新保五番丁・木ノ新保六番丁・木ノ新保七番丁・上小川町・下小川町・森下町・大衆免中通・大衆免横町・大衆免竪町・大衆免七曲り・大衆免亀淵町・大衆免片原町・大衆免井波町・上牧町・中牧町・下牧町・平折町・立川町・御仲間町・金屋町・裏金屋町・観音町一丁目・観音町二丁目・観音町三丁目・御歩町一番丁・御歩町二番丁・御歩町三番丁・御歩町四番丁・御歩町五番丁・豊国町・八幡町・木綿町・子来町末広町東御影町常盤町・木町一番丁・木町二番丁・木町三番丁・木町四番丁・卯辰下町・卯辰高町・鶯町・愛宕一番丁・愛宕二番丁・愛宕三番丁・愛宕四番丁・東馬場町・水車町・馬場一番丁・馬場二番丁・馬場三番丁・馬場四番丁・馬場五番丁・馬場六番丁・小橋町・浅野町・下浅野町・浅野新町・上中島町・下中島町・梅沢町・高道町・高道新町・森山町一番丁・森山町二番丁・森山町三番丁・森山町四番丁・森山町五番丁・山ノ上町一丁目・山ノ上町二丁目・山ノ上町三丁目・山ノ上町四丁目・上田町・同心町・談議所町・春日町一丁目・春日町二丁目・春日町三丁目・春日町四丁目・春日町五丁目・上大樋町・下大樋町・山下町
  5. ^ 2014年8月18日に辞職し、出直し市長選で再選。
  6. ^ かつては実店舗である金沢支店を置いていたが、2018年6月29日をもって本店(東京都中央区)内にブランチインブランチとなり、同時にカナザワ支店へ改称された。
  7. ^ 全国では、県内にJRの路線が存在しない那覇市沖縄県)も該当する。
  8. ^ 金沢市、かほく市、白山市(旧松任市、美川町)、野々市市(旧野々市町)、津幡町、内灘町
  9. ^ なお、2019年度(令和元年度)の観光客数は、1,067.6万人。うち兼六園は270.4万人(約25%)。

出典 編集

  1. ^ かなざわ積雪情報
  2. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2023年9月閲覧。
  3. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2023年9月閲覧。
  4. ^ Climate Normals 1961-1990”. アメリカ海洋大気庁. 2016年8月15日閲覧。
  5. ^ 産総研地質調査総合センター
  6. ^ 瀬戸薫「金沢城と前田利家」大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』戎光祥出版、2016年、p. 265。「付記」(2008年に記された原論文には記載されていないので注意)
  7. ^ 『経済で読み解く日本史 室町・戦国時代』株式会社飛鳥新社、6月9日 2019。 
  8. ^ 『越登賀三州志』石川県図書館協会、1933年、79頁。 
  9. ^ 『城端町の歴史と文化』城端町史編集委員会。 
  10. ^ 『加賀藩史話』能登印刷株式会社出版部、1/1。 
  11. ^ 『百万石の光と影』地方・小出版流通センター、5/1。 
  12. ^ 明治前期における旧加賀藩主前田家の資産と投資決定過程 -藩政から華族家政へ- 松村敏
  13. ^ 瀬戸薫「金沢城と前田利家」(初出:『加能史料研究』第20号(2008年)/所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』戎光祥出版、2016年。ISBN 978-4-86403-207-0
  14. ^ 大西泰正「織豊期前田氏権力の形成と展開」(所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』戎光祥出版、2016年、pp. 14-16。ISBN 978-4-86403-207-0
  15. ^ 『加賀藩の宗教政策と芦隙寺・ 岩隙寺』米原寛。 
  16. ^ 『加賀藩・富山藩の社会経済史研究』文献出版、9。 
  17. ^ 『新井白石全集』(第6巻) p. 673
  18. ^ a b c 土屋敦夫「金沢の人口変遷―その1 藩政期人戸数と人口―」『金沢工業大学研究紀要A』11号、1979年、pp. 125–155。
  19. ^ a b 土屋敦夫「金沢の人口変遷―その2 藩政期武士戸数と人口―」『金沢工業大学研究紀要A』14号、1980年、pp. 145–177。
  20. ^ 土屋敦夫「金沢の人口変遷―その3 戸籍による人口戸籍統計 (明治5年〜大正8年)―」『金沢工業大学研究紀要A』18号、1982年、pp. 99–148
  21. ^ 金沢市史編さん委員会『金沢市史 資料編6 近世四 町政と城下』金沢市、2000年。
  22. ^ 金沢十九枚御絵図及び関係資料 78点”. 石川県 (2021年1月29日). 2021年5月2日閲覧。
  23. ^ 土屋喬雄, 『封建社会崩壊過程の研究』, 弘文堂, 1927.
  24. ^ a b 斎藤誠治「江戸時代の都市人口」『地域開発』9月号、1984年、pp. 48–63
  25. ^ 『『季刊社会学』2輯』東京社会科学研究所、1931年、108-109頁。 
  26. ^ 日外アソシエーツ編集部 編『日本災害史事典 1868-2009』日外アソシエーツ、2010年9月27日、28頁。ISBN 9784816922749 
  27. ^ 金沢の歴史(通史)|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  28. ^ 金沢市勢要覧|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 『金沢市勢要覧2023』. 金沢市. p. 6. 2023年10月20日閲覧。
  29. ^ 金沢美術工芸大学. “沿革”. 金沢美術工芸大学. 2023年10月20日閲覧。
  30. ^ 第2回大会の概要 - 国民体育大会 - JSPO”. 日本スポーツ協会. 2023年10月20日閲覧。
  31. ^ a b c 沿革|病院概要|当院の紹介|石川県立中央病院”. 石川県立中央病院. 2023年10月21日閲覧。
  32. ^ 沿革(金沢大学の伝統)”. 金沢大学. 2023年10月20日閲覧。
  33. ^ a b c d e f g h i j k 沿革 - 金沢市図書館”. 金沢市図書館. 2023年10月20日閲覧。
  34. ^ 金沢百万石まつりとは”. 金沢百万石まつり実行委員会. 2023年10月20日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g h i j k l 金沢市の都市宣言|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  36. ^ 「金沢歌劇座あり方検討懇話会 取りまとめ」”. 金沢市. p. 2. 2023年10月20日閲覧。
  37. ^ 気象庁|過去の気象データ検索”. 気象庁. 2023年10月20日閲覧。
  38. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ昭和38年~昭和39年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  39. ^ 『金沢市中央卸売市場 再整備基本構想【概要版】』”. 金沢市. p. 2. 2023年10月20日閲覧。
  40. ^ 【よみがえる鉄路の記憶 西脇恵さん撮影】 役目を終えた車両 解体:北陸中日新聞Web”. 中日新聞Web (2020年10月19日). 2023年10月20日閲覧。
  41. ^ 『平成27年度 環境局清掃事業概要(26年度実績)』”. 金沢市市政情報デジタルライブラリー. p. 39. 2023年10月20日閲覧。
  42. ^ a b 石川県. “県政の主なあゆみ昭和44年~昭和45年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  43. ^ 金沢市の「市の木」、「市の花」は何ですか|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  44. ^ 金沢港”. 国土交通省北陸地方整備局. 2023年10月20日閲覧。
  45. ^ 石川県. “奥卯辰山健民公園(金沢市)”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  46. ^ 北陸道初の開通から40周年!~石川県内のSA・PAでプレゼントをゲットしよう!~ | 2014年2月以前のニュースリリース | プレスルーム | 企業情報 | 高速道路・高速情報はNEXCO 中日本”. NEXCO中日本. 2023年10月21日閲覧。
  47. ^ 加賀本多家の歴史・名品 加賀本多博物館”. 加賀本多博物館. 2023年10月21日閲覧。
  48. ^ a b 石川県. “県政の主なあゆみ昭和48年~昭和49年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  49. ^ 「武蔵ヶ辻第二、武蔵ヶ辻第四」”. 公益社団法人 全国市街地再開発協会. 2023年10月20日閲覧。
  50. ^ a b 『保健衛生関係年表』”. 金沢市 健康政策課. 2023年10月20日閲覧。
  51. ^ 【まちネタ】内部も重厚な金融機関の趣が感じられる「尾張町町民文化館」”. いいじ金沢. 2023年10月21日閲覧。
  52. ^ a b 石川県. “県政の主なあゆみ昭和52年~昭和53年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  53. ^ 施設概要”. 石川県観光物産館. 2023年10月21日閲覧。
  54. ^ 石川県立武道館 - 施設案内”. 石川県立武道館. 2023年10月21日閲覧。
  55. ^ 市民憲章|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  56. ^ 全国高等学校総合文化祭開催実績及び予定 | 文化庁”. 文化庁. 2023年10月21日閲覧。
  57. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ昭和54年~昭和55年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  58. ^ ホール | 施設概要”. www.bunka-h.gr.jp. 2023年10月20日閲覧。
  59. ^ 第1章第3節1 テレトピア計画の推進とモデル都市の指定 : 昭和60年版 通信白書”. 総務省. 2023年10月20日閲覧。
  60. ^ 兼六園の歴史|兼六園”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  61. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ 昭和60年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  62. ^ 昭和60年度全国高等学校総合体育大会日程と競技会場および観覧客数”. 公益財団法人 全国高等学校体育連盟. 2023年10月21日閲覧。
  63. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ 昭和60年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  64. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ昭和61年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  65. ^ 博物館の紹介|石川県立歴史博物館”. i. 石川県立歴史博物館. 2023年10月21日閲覧。
  66. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ昭和61年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  67. ^ 『金沢市企業局経営戦略2022』”. 金沢市. p. 60. 2023年10月20日閲覧。
  68. ^ 加賀染振興協会 | 加賀友禅 KAGAYUZEN」”. 協同組合 加賀染振興協会. 2023年10月21日閲覧。
  69. ^ オーケストラ・アンサンブル金沢 | オーケストラ・アンサンブル金沢”. オーケストラアンサンブル金沢. 2023年10月21日閲覧。
  70. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ昭和63年”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  71. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成元年 後期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  72. ^ 工房概要”. 金沢卯辰山工芸工房. 2023年10月20日閲覧。
  73. ^ ちょっと昔の金沢 | 金沢のくらし | 金沢くらしの博物館”. 金沢くらしの博物館. 2023年10月20日閲覧。
  74. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成2年 前期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  75. ^ 一般社団法人日本野球機構、一般財団法人全日本野球協会. “野球伝来150年特設サイト”. 野球伝来150年特設サイト. 2023年10月20日閲覧。
  76. ^ 金沢駅西広場”. 金沢市市政情報デジタルライブラリー. p. 2. 2023年10月20日閲覧。
  77. ^ 第46回大会の概要 - 国民体育大会 - JSPO”. 公益財団法人 日本スポーツ協会. 2023年10月20日閲覧。
  78. ^ 北陸新幹線のあゆみ【北陸新幹線建設促進同盟会】”. 北陸新幹線建設促進同盟会. 2023年10月20日閲覧。
  79. ^ 国民文化祭 過去の開催状況”. 文化庁. 2023年10月20日閲覧。
  80. ^ 金沢ふるさと偉人館について | 金沢ふるさと偉人館”. 金沢ふるさと偉人館. 2023年10月20日閲覧。
  81. ^ a b 『金沢市文化芸術アクションプラン』”. 金沢市. p. 9. 2023年10月20日閲覧。
  82. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成7年 前期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  83. ^ 中核市の情報 | 中核市市長会”. 中核市市長会. 2023年10月20日閲覧。
  84. ^ 金沢子育てお役立ちウェブ のびのびビ~ノ”. 金沢市こども未来局. 2023年10月20日閲覧。
  85. ^ 旧町名復活の推進について”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  86. ^ 泉鏡花記念館 | 全国文学館協議会”. 全国文学館協議会. 2023年10月20日閲覧。
  87. ^ 持続可能な金沢ふらっとバスの運行に関する検討会|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  88. ^ 館の概要 | 金沢湯涌夢二館”. 金沢湯涌夢二館. 2023年10月20日閲覧。
  89. ^ ABOUT-プレーゴについて|プレーゴ【PREGO】|金沢市片町のショッピングモール”. 株式会社金沢商業活性化センター(TMO). 2023年10月20日閲覧。
  90. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成13年 後期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  91. ^ 全国都市緑化フェアの開催一覧”. 公益財団法人都市緑化機構 (2015年4月15日). 2023年10月20日閲覧。
  92. ^ 石川県立音楽堂 : 全国劇場・音楽堂等総合情報サイト | 公益社団法人全国公立文化施設協会”. 公益社団法人全国公立文化施設協会. 2023年10月21日閲覧。
  93. ^ 博覧会資料COLLECTION 加賀百万石博”. 株式会社乃村工藝社 / NOMURA Co.,Ltd.. 2023年10月22日閲覧。
  94. ^ 前田土佐守家資料館”. 株式会社トータルメディア開発研究所. 2023年10月20日閲覧。
  95. ^ 第17回海の祭典開催!”. 国土交通省. 2023年10月21日閲覧。
  96. ^ 館の概要 | 室生犀星記念館”. 室生犀星記念館. 2023年10月20日閲覧。
  97. ^ 新石川県庁舎 業務開始”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  98. ^ 『平成27年度 環境局清掃事業概要 (26年度実績)』”. 金沢市市政情報デジタルライブラリー. p. 42. 2023年10月20日閲覧。
  99. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成15年 前期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  100. ^ 教育プラザの概要|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  101. ^ 施設沿革 | 施設概要”. 金沢湯涌創作の森. 2023年10月20日閲覧。
  102. ^ 卯辰山公園健康交流センター千寿閣の施設概要”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  103. ^ ジョブカフェ石川とは”. ジョブカフェ石川. 2023年10月21日閲覧。
  104. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成16年 後期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  105. ^ 金沢21世紀美術館”. 金沢21世紀美術館. 2023年10月20日閲覧。
  106. ^ 10年で変わった金沢 金沢駅”. 金沢日和. 2023年10月20日閲覧。
  107. ^ ”自然主義文学”の大家 徳田秋聲 | 徳田秋聲記念館”. 徳田秋聲記念館. 2023年10月20日閲覧。
  108. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成17年 後期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  109. ^ 金沢文芸館って | 当館の概要 | 金沢文芸館”. 金沢文芸館. 2023年10月20日閲覧。
  110. ^ 『兼六園周辺文化の森地域計画』”. 文化庁. pp. 38-39. 2023年10月20日閲覧。
  111. ^ ご当地ナンバーの導入状況と車両数”. 国土交通省. pp. 1-2. 2023年10月20日閲覧。
  112. ^ いしかわ総合スポーツセンター │ NEWS&TOPICS”. 石川県スポーツ協会グループ. 2023年10月21日閲覧。
  113. ^ 石川四高記念文化交流館”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  114. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成20年 前期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  115. ^ 歴史まちづくり:歴史的風致維持向上計画認定状況について - 国土交通省”. 国土交通省. 2023年10月20日閲覧。
  116. ^ ユネスコ創造都市申請から認定まで|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月20日閲覧。
  117. ^ 『広報いしかわ』No.1595”. 石川県 (2010年3月31日). 2023年10月21日閲覧。
  118. ^ a b 石川県. “県政の主なあゆみ平成22年 前期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  119. ^ 当館の概要 | 金沢市立安江金箔工芸館”. 金沢市立安江金箔工芸館. 2023年10月20日閲覧。
  120. ^ 過去の展覧会 | 活動内容 | 鈴木大拙館”. 鈴木大拙館. 2023年10月20日閲覧。
  121. ^ 『平成27年度 環境局清掃事業概要 (26年度実績)”. 金沢市市政情報デジタルライブラリー. p. 43. 2023年10月20日閲覧。
  122. ^ 北陸新幹線 金沢・敦賀間の着工認可 決定 敦賀市-Tsuruga City-”. 敦賀市. 2023年10月21日閲覧。
  123. ^ 平成24年度全国高等学校総合体育大会 競技日程・競技会場一覧表”. 公益財団法人 全国高等学校体育連盟. 2023年10月21日閲覧。
  124. ^ 金沢学生のまち市民交流館 学生の家 | 住まいのほそ道”. ほそ川建設株式会社|金沢に生きる家|石川県の新築・注文住宅・自由設計住宅 / 石川県の和風住宅・和モダン建築. 2023年10月20日閲覧。
  125. ^ 金沢駅西広場”. 金沢市市政情報デジタルライブラリー. p. 13. 2023年10月20日閲覧。
  126. ^ NHK. “北陸新幹線が開業 東京-金沢間1時間20分短縮|ニュース|NHKアーカイブス”. 北陸新幹線が開業 東京-金沢間1時間20分短縮|ニュース|NHKアーカイブス. 2023年10月20日閲覧。
  127. ^ 金沢市中心部に「金澤町家情報館」 江戸時代末期の町家を改修、情報発信拠点に”. 金沢経済新聞. 2023年10月20日閲覧。
  128. ^ 金沢プール”. 金沢プール. 2023年10月20日閲覧。
  129. ^ 鶴の丸休憩館|金沢城公園”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  130. ^ 石川県. “県政の主なあゆみ平成29年 前期”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  131. ^ 俵芸術交流スタジオが開館 金沢、里山の活性化に期待」『北國新聞社』(47NEWS)、2018年5月21日。2023年10月20日閲覧。
  132. ^ 《石川》谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館について | Webマガジン■AH!■”. 日本建築学会 北陸支部. 2023年10月20日閲覧。
  133. ^ 座席指定せず 業務効率化 金沢市役所 第二本庁舎の供用開始:北陸中日新聞Web”. 中日新聞Web (2020年5月8日). 2023年10月20日閲覧。
  134. ^ 金沢港クルーズターミナル開館、賑わいの創出拠点としても活用へ”. 金沢経済新聞. 2023年10月20日閲覧。
  135. ^ 石川県. “令和2年6月19日 金沢中央観光案内所オープン”. 石川県. 2023年10月21日閲覧。
  136. ^ 伝統工法で再現 鼠多門 あす公開開始:北陸中日新聞Web”. 中日新聞Web (2020年7月17日). 2023年10月21日閲覧。
  137. ^ 国立工芸館 開館日決定のお知らせ”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES (2020年8月4日). 2023年10月21日閲覧。
  138. ^ 旧小学校利用し、価値創造拠点 金沢未来のまち創造館 :朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2021年8月8日). 2023年10月20日閲覧。
  139. ^ 新・石川県立図書館 開館:北陸中日新聞Web”. 中日新聞Web (2022年7月17日). 2023年10月20日閲覧。
  140. ^ 金沢で38・5度、史上最高 120年ぶり記録|社会|石川のニュース|北國新聞”. 北國新聞 (2022年9月6日). 2023年10月26日閲覧。
  141. ^ G7富山・金沢教育大臣会合 G7 Education Ministers’ Meeting in Toyama and Kanazawa:文部科学省”. 文部科学省ホームページ. 2023年10月21日閲覧。
  142. ^ 真新しく開放的な敷地内で学生の表情も笑顔に 金沢美大新キャンパスで授業スタート | TBS NEWS DIG (1ページ)”. TBS NEWS DIG (2023年10月2日). 2023年10月21日閲覧。
  143. ^ いしかわ百万石文化祭2023”. いしかわ百万石文化祭2023 実行委員会事務局. 2023年10月20日閲覧。
  144. ^ 石川県能登地方でM7.6の地震 最大震度7”. ウェザーニュース (2024年1月2日). 2024年1月2日閲覧。
  145. ^ 【能登半島地震】県都も被害 金沢駅封鎖、金沢城石垣破損|社会|石川のニュース|北國新聞”. 北國新聞 (2024年1月1日). 2024年1月2日閲覧。
  146. ^ 震度5強観測の石川・金沢市 金沢城の石垣の一部が崩れる | TBS NEWS DIG (1ページ)”. TBS NEWS DIG (2024年1月1日). 2024年1月2日閲覧。
  147. ^ 金沢駅、天井から漏水=避難者「帰れるか不安」―能登半島地震”. 時事通信ニュース (2024年1月1日). 2024年1月2日閲覧。
  148. ^ 復興へキックオフ サポーター、能登応援の横断幕 金沢新スタジアム初戦”. 北國新聞 (2024年2月19日). 2024年3月17日閲覧。
  149. ^ 北陸新幹線の金沢・敦賀間が開業 各地は観光客でにぎわう”. NHK (2024年3月16日). 2024年3月17日閲覧。
  150. ^ a b 金沢市長、村山氏圧勝 小間井氏に3万1467票差 投票率55.95% 前回を大幅に上回る 〈金沢市長選〉|社会|石川のニュース|北國新聞”. 北國新聞 (2022年3月14日). 2022年3月14日閲覧。
  151. ^ 石川県史料 第5巻 83頁
  152. ^ a b c d e f 石川県史 第四編 168-169頁
  153. ^ 2014年8月19日から10月6日までは丸口邦雄副市長が職務代理に就任した。金沢市告示第256号金沢市選挙管理委員会告示第119号
  154. ^ 2022年2月16日から相川一郎副市長が職務代理に就任した。
  155. ^ 議長・副議長|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月22日閲覧。
  156. ^ 議員名簿(五十音順・タ行)|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月22日閲覧。
  157. ^ 議員名簿(五十音順・ナ行)|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月22日閲覧。
  158. ^ a b 選挙の種類|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月22日閲覧。
  159. ^ 議員名簿(会派等別)|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月22日閲覧。
  160. ^ 議員名簿(委員会別)|金沢市公式ホームページ いいね金沢”. 金沢市. 2023年10月22日閲覧。
  161. ^ 石川県. “選挙区別名簿”. 石川県. 2023年10月22日閲覧。
  162. ^ 目黒区と友好都市協定を締結”. 金沢市ホームページ. 金沢市. 2017年11月3日閲覧。
  163. ^ 金沢市と友好交流都市協定に向けての覚書を締結しました”. 目黒区公式ホームページ. 目黒区. 2017年11月3日閲覧。
  164. ^ さよなら平和町図書館 72年の歴史に幕 「30年以上、何冊も借りました」”. 北國新聞. 2022年4月2日閲覧。
  165. ^ 石川県埋蔵文化財センターの紹介と利用案内. 石川県埋蔵文化財センター
  166. ^ 金沢市埋蔵文化財収蔵庫. 金沢市
  167. ^ a b ロム・インターナショナル(編) 2005, pp. 156–157.
  168. ^ 令和4年度(2022年度)金沢市統計書”. 金沢市都市政策局調査統計室. p. 246 (2023年3月). 2013年7月25日閲覧。
  169. ^ 『日本の町』丸谷才一、山崎正和、文藝春秋、1987、p12
  170. ^ 金沢21世紀美術館、5周年で記念式典-累計入館者数は700万人超に - 金沢経済新聞
  171. ^ 日本に関するフランス語の観光ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」2009掲載内容(中部地域抜粋)”. 愛知県. 2009年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。
  172. ^ 映画「リトル・マエストラ」公式サイト”. 2013年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。
  173. ^ 『金沢ロケ「ワクワクする」 映画「いのちの停車場」 吉永さん、撮影に意欲』(2020年9月12日付け北國新聞朝刊30面)2020年9月12日閲覧
  174. ^ 医師役「演じ切りたい」 吉永小百合、撮影現場会見(2020年09月11日、東京新聞)2020年9月12日閲覧
  175. ^ 『日本音声製作者名鑑2004』 Vol.1、小学館、2004年、112頁。ISBN 978-4-09-526301-4 

参考文献 編集

  • 石川県『石川県史 第四編』石川県、1931年。 
  • 石川県立図書館『石川県史料 第5巻』石川県立図書館、1975年。 
  • ロム・インターナショナル(編)『道路地図 びっくり!博学知識』河出書房新社〈KAWADE夢文庫〉、2005年2月1日。ISBN 4-309-49566-4 

関連項目 編集

外部リンク 編集

行政
観光
その他