五島 盛光(ごとう もりみつ、明治6年(1873年7月23日 - 大正12年(1923年5月30日)は、明治時代から大正時代の華族子爵)。五島家第33代当主。正四位。旧名は溝口歓十郎[1]

 
五島 盛光
時代 明治時代
生誕 明治6年(1873年7月23日
死没 大正12年(1923年5月30日
改名 歓十郎(幼名)
氏族 溝口氏五島氏
父母 父:溝口直溥、養父:五島盛主(子爵)
兄弟 溝口直正増山正治諏訪忠元五島盛光
善(堀田正養の三女)
五島盛輝、知子(奥田直久夫人)、盛寛、福子
テンプレートを表示

生涯編集

越後国新発田藩主・溝口直溥の十六男として生まれる。明治26年(1893年)、旧福江藩主五島家当主の五島盛主が嗣子無くして卒去したため、翌明治27年(1894年)に養嗣子として五島家を継いだ。同年1月25日、盛光と改名した[2]。明治35年(1902年)、自ら巨費を投じて旧制五島中学校を創設した。明治42年(1909年)、東京帝国大学政治学科を卒業し、法学士となる。大正10年(1921年)、貴族院議員に選任される。大正12年(1923年)、東京駒込区神明町にて卒去した。有栖川宮家より弔問の特使を賜り、院議を以て徳川家達(貴族院議長・公爵)から弔辞を贈られる。

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、601頁。
  2. ^ 『官報』第3172号、明治27年1月27日。
  3. ^ 『官報』第6608号「叙任及辞令」1905年7月11日。

参考文献編集


日本の爵位
先代:
五島盛主
子爵
福江五島家第2代
1894年 - 1923年
次代:
五島盛輝