五苓散(ごれいさん)は、漢方薬の一種である。出典は『傷寒論』、『金匱要略』。

構成生薬編集

沢瀉茯苓猪苓白朮[1]桂枝[2]

効能・効果編集

  • 水毒(水滞)を改善するとされる。
  • 口渇、尿量減少するものの次の諸症:浮腫ネフローゼ二日酔い、急性胃腸カタル、下痢、悪心、嘔吐、めまい、胃内停水、頭痛尿毒症、暑気あたり、糖尿病
  • これまで五苓散においてその薬理作用は十分解明されていなかったが,近年,五苓散がアクアポリン(水チャネル)の阻害作用を有することが明らかとなった[3]

関連する方剤編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ メーカーによっては蒼朮で代用されているが、これは日本独自の古方派に由来するもので、微妙に効果が異なるため現在では投与目的に応じて白朮配合のものと蒼朮配合のものを使い分けるケースもみられる。
  2. ^ 日本では桂皮で代用しているメーカーが多い。
  3. ^ “[http://tenaca-nips-2016.kenkyuukai.jp/images/sys%5Cinformation%5C20160721194640-D17B122C31B8CA2C122466395549FDA35119761AE271BFC51A140EDC8845940F.pdf 五苓散のアクアポリンを介した 水分代謝調節メカニズム]”. 2021年3月1日閲覧。