井上 操(いのうえ みさお、弘化4年9月20日1847年10月28日) - 明治38年(1905年2月23日)は、日本法律家

経歴編集

信濃国(現・長野県松代城下に松代藩士井上五郎左衛門の子として生まれる。藩の兵制士官学校で武田斐三郎について学び、司法省法学校に入学。在学中に山縣有朋の知遇を得る。1876年卒業。1882年から明治法律学校で治罪法(刑事訴訟法)の講義を担当。1886年東京帝国大学教授に任じられるが、判事に転じて大阪控訴院評定官となり、その後、大井憲太郎らによる大阪事件の裁判のため、大阪重罪裁判所裁判長となった。関西法律学校が開校すると刑法などの講義を担当する。1890年大阪控訴院部長に進むが、1895年病気のため帰郷。1905年、松代で死去。

栄典編集

主著編集

  • 『日本治罪法講義』
  • 『大日本憲法述義』
  • 『商法述義』
  • 『外国語筆記帳』

脚注編集

  1. ^ 『官報』第789号「叙任」1886年2月22日。

出典編集