メインメニューを開く

井上 鋭夫(いのうえ としお、1923年2月18日[1] - 1974年1月25日[1])は、日本歴史学者文学博士一向一揆研究の権威。

経歴編集

石川県生まれ。1942年9月、第四高等学校文科乙類卒業[2]1948年東京大学文学部国史学科卒。跡見学園を経て、1951年新潟大学人文学部助手となり後に同学部助教授、教授を歴任。1968年金沢大学法文学部教授となる[1]。1971年に「中世末期における一向一揆の研究」で東京大学から文学博士の学位を授与される[3]

中世・近世の生活、宗教、合戦、日本海文化の総合的研究をすすめながら史料の編纂につとめ、多数の著書がある。研究誌及び一般誌への寄稿も多い。

著書編集

  • 『本願寺』至文堂、1962年(講談社学術文庫、2008年)
  • 『謙信と信玄(日本歴史新書)』至文堂、1964年
  • 『奥山庄史料集(新潟県文化財調査報告書第十)』新潟県教育委員会、1965年
  • 『上杉謙信(日本の武将35)』人物往来社、1966年
  • 『上杉史料集 上・中・下』人物往来社、1966年
  • 『一向一揆の研究』吉川弘文館、1968年
  • 『色部史料集』新潟史学会、1968年
  • 『新潟県の歴史(県史シリーズ15)』山川出版社、1970年
  • 『蓮如 一向一揆(日本思想大系17)』(笠原一男共著)岩波書店、1972年
  • 『秀吉と信長』講談社、1975年
  • 『日本の合戦 三 群雄割拠 上』(桑田忠親監・編)新人物往来社、1978年
  • 『日本の合戦 五 織田信長』(桑田忠親監・編)新人物往来社、1978年
  • 『山の民・川の民―日本中世の生活と信仰』平凡社、1981年

参考文献編集

室山孝「井上鋭夫先生の思い出」『北陸史学』第23号、北陸史学会、1974年、 61-63頁、 NAID 40003526416

脚注編集

外部リンク編集