メインメニューを開く

交響曲第88番ト長調 Hob.I:88は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1787年に作曲した交響曲である。

V字」の愛称で呼ばれることもあるが、ハイドンの生前にロンドンのフォースター社から交響曲選集を出版した際に各曲にアルファベット1字からなる整理用の番号(A-W)が印刷されていたのが愛称としてそのまま残ったもので、タイトルと交響曲自体の内容は全く関係していない[1]

ドナルド・フランシス・トーヴィーによれば、ブラームスはこの交響曲の第2楽章を聴いて、「私の第9交響曲はこのように聴かせたい」と言ったと伝えられている[2]

目次

概要編集

パリ交響曲」や「ロンドン交響曲」の1曲でもなく、曰くありげな愛称が付いているわけでもないものの、ハイドンの最も有名な作品の一つとなっている。

エステルハージ家の楽団のヴァイオリン奏者だったヨハン・ペーター・トストが、楽団を去ってパリで活動することになった時、トストから依頼されて第89番とともに1787年に作曲されたものである。ハイドンはこの2曲を弦楽四重奏曲作品54および55(トスト四重奏曲、全6曲)とともにトストに譲渡した[1]。トストはこの曲をフランスの出版者であるジャン=ジョルジュ・ジーバー(Jean-Georges Sieber)に売ったが、そのときに他の交響曲やトストが権利を持っていないクラヴィーア・ソナタまで売り、しかもハイドンに約束した金を支払わなかったために、両者の間にしばらく問題が起きた[3]。なお楽譜の販売によって相当に裕福になったトストは、その後ヴァイオリニストではなく音楽作品の出版仲介業者として過ごすようになり、ハイドンの弦楽四重奏曲作品64(第2トスト四重奏曲、全6曲)やモーツァルトの弦楽五重奏曲第5番および第6番はトストからの依頼で作曲された[3]

楽団の編成上の制約がなかったためか、オーケストラの扱いに自由さをみせている。

自筆原稿は残っていないが、同時期に作曲された89番の自筆原稿に1787年と記されていることから、同年の作曲とされている[3]

楽器編成編集

フルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ弦楽五部

第2楽章には独立したチェロ・オブリガートの楽譜がある。

楽章構成編集

第1楽章 Adagio - Allegro編集

この楽章にはトランペットとティンパニは出現しない。

34拍子、アダージョによる16小節の序奏につづいて、アレグロ、24拍子の本体が開始する。提示部の主題はまず弦楽器によっておだやかに現れ、ついで低音による16分音符の特徴的な伴奏をともなって全奏でくり返される。この主題が全曲を支配する、単一主題の楽曲である。

第2楽章 Largo編集

ニ長調34拍子、主題と6つの変奏で構成される変奏曲形式。主題はまずオーボエとチェロのオクターブの音程をもった二重奏によって現れる。この楽章の41小節めにはじめてフォルティッシモでトランペットとティンパニが弦楽器のトレモロとともに出現する。ハイドンの交響曲の中でははじめてトランペットとティンパニを緩徐楽章に使用したもので、モーツァルト交響曲第36番「リンツ」(1783年)という先例はあったものの当時においては珍しく、センセーションを呼び起こした[3]

第3楽章 Menuetto: Allegretto - Trio編集

メヌエット主部は装飾音を多用した華やかな音楽である。トリオではトランペットとティンパニは休み、ファゴットとヴィオラによるドローンの伸ばしを含む土俗的な音楽になっている。

第4楽章 Finale: Allegro con spirito編集

24拍子、ロンドソナタ形式。主題はファゴットと第1ヴァイオリンによって開始される。展開部で主題に戻ったところで弦楽器による2拍おくれのカノンがフォルティッシモでくり広げられ、この曲の対位法的な見せ場になっている。

脚注編集

  1. ^ a b 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年、182-183頁。ISBN 4276220025
  2. ^ Tovey, Donald Francis (1935). “Symphony in G Major "Letter V"”. Essays in Musical Analysis. 1. Oxford University Press. pp. 339–342. 
  3. ^ a b c d 『ハイドン 交響曲集X(88-92番, Concertante) OGT 1598』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1965年のもの)

外部リンク編集