メインメニューを開く

京都大学土木会(きょうとだいがくどぼくかい、略称京土会)は、大学院工学研究科土木系教室(専攻)および関連教室(専攻、学科)出身者、教員、元教員による創立110年以上の歴史を有する同窓会組織である。全国に17の支部が存在する。[2]

京都大学土木会
Kyoto university.jpg
略称 京土会
設立年 設立年不詳[1]
種類 任意団体
目的 会員同士の交流、及び元留学生を含む国際交流の促進[2]
本部 日本の旗 日本京都府京都市左京区吉田本町 京都大学工学部土木工学教室本館内 資料室106[3]
公用語 日本語
会長 大津宏康[4]
関連組織 京都大学
京都大学同窓会
ウェブサイト http://kyodokai.gr.jp

沿革編集

1962年6月18日、会則を大幅に改正する。

1972年規約の改正により学生会員の会費を無料とした[1]

活動編集

  • 新入生歓迎行事の開催(4月)
  • 本部の総会・役員会の開催(6月)
  • 予餞会の開催(3月)
  • 各支部の総会の開催(年1回)
  • 京土会ホームカミングデイの開催(随時)
  • 学生会員と正会員の交流会(年数回)
  • 学生会員の活動支援(学生海外研修派遣(年2回)、技術士補受験料補助など)
  • 会員名簿の発行(年1回)
  • 京土会会報の刊行(総会報告、母校だより、支部だより、会員寄稿、最新技術・最新研究紹介など)(年1回)[2]

大阪市役所の学閥について編集

第18代大阪市長平松邦夫は、大阪市役所に京土会の学閥があったと語っている。

「役所の計画調整局に関係する事業でも、建設局港湾局に関係する事業でも、何でこんなものを造ったのかと思うものは、ほとんど京土会が造ってきたからだ。山ほど不要なものを造り、負の遺産として残っている。お金がいっぱいあったときは、埋めたら土地が売れた。こうした流れの中で、市役所内で実力者になってしまった方が何人かいた。土木系の副市長は歴代必ずいたが、私は建築系の人に変えた。流れを一度止めるためだ。」と述べている[5]

しかし、2019年度現在でも土木技術職の副市長・局長級といった幹部ポストは京土会出身者で殆ど占められている[要出典]

関係する人物編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集