メインメニューを開く

学閥(がくばつ)とは、特定の職域や組織において、ある学校の出身者同士が形成する校友組織派閥互助組織。その領域において大きな勢力を発揮することも多く、有力な学閥に属している者は組織の中で優遇されることも多い[1]

概要編集

学閥には、組織の長の出身学校によって規定される場合や、長年の慣行から強化・維持されている場合などがある。学閥に係わるのは、必ずしも伝統校や学力上位校に限らず、ある地域や職種において影響力が強い学校であることもある。学閥の勢力が強まり、周囲への支配色を持つまでになると「学閥支配」といった言い方がされることもある。学閥を構成しているのは主に名門大学(大学院)だが、地方を中心に名門高校出身者の学閥がある。校長・教頭人事にも大きな影力があったとする研究がある[1][2]

政界では各大学の国会議員数の統計や地方議員数、知事市長などの首長を輩出していることへの各大学の実績が評価される。

官界で東京大学法学部出身者が官僚の合格者数で実績がある。官界では東京大学の学閥だけ特別に力があるので東大出身者が有利となり、官僚の出世を左右している。公務員司法試験の合格者数の統計が良い大学も評価される。

財界の学閥では、中小企業経営者数の統計から、上場企業の経営者や役員数の統計が、マスコミの報道や、教育関係雑誌や経済関係雑誌の調査で輩出上位の大学が明らかにされている。学閥勢力の強弱が時代によって変動があるものの、学閥の特集として、社長数や役員数などの学閥勢力の統計がマスコミによって発表されている[3]

芸能界、スポーツ界などにも学閥が存在し、その分野での地位に大きく影響することがある。

日本における著名な学閥の例編集

国公立大学編集

昭和12年時点の、中等教育機関(師範学校旧制中学校高等女学校)の校長の比率は、高等師範学校卒業生が68.4%なのに対して、帝国大学卒業生は16.7%でしかなかった[4]

私立大学編集

脚注編集

参考文献編集

  • 新堀通也 『日本の大学教授市場―学閥の研究』 東洋館出版社〈教育の時代叢書〉、1965年。
  • 新堀通也 『学閥―この日本的なるもの』 東洋館出版社、1969年。

関連項目編集

外部リンク編集