メインメニューを開く
画像提供依頼:全般についての画像提供をお願いします。2008年1月

京都電燈デワ101形電車(きょうとでんとうデワ101がたでんしゃ)は、京都電燈が同社叡山線(現、叡山電鉄)で使用していた電動貨車。同社の前身である京都電燈が同線の事業用に新造した車両である。

概要編集

1927年に叡山線の事業用として日本商会で製造された。名目上は新造であるが、同社嵐山線(嵐電。現、京福電気鉄道)1形を改造したもの。2軸車で全長は8.1m、運転席以外は無蓋車の形状であるが屋根は全長にわたって設けられている。のちにあおり戸が鋼製化されている。

なお、嵐山線においても同時に同形の事業用電動貨車、フモ501形501が導入されている。

1974年叡山線デト1000形・嵐山線モト1000形の導入で、デワ101・フモ501の2両とも廃車となっている。