メインメニューを開く

人名(にんみょう)は、日本の江戸時代における 

概要編集

江戸幕府から自治権を認められた者は、人名という地位を与えられた。人名は基本的に世襲され、その権利を人名株(にんみょうかぶ)と呼び、その地位・権利を証明する人名株券(にんみょうかぶけん)を所有した。封建社会では、自治権を認められることは稀なことであった[1]

代表的な例では、現在香川県となっている塩飽諸島が挙げられ、江戸幕府の御用船方は幕府から人名の地位を与えられ、人名株を代々世襲した。人名は、勤番所(きんばんしょ)で自治行政を取り仕切り、全島の政務は島中(とうちゅう)と呼ばれた自治組織をつくり支配した[1]

人名は、特権階級として株を持たない漁師ら他の住民を「間人(もうと)」と呼んで差別した[1]

脚注編集

関連項目編集