人生よありがとう

人生よありがとう」(じんせいよありがとう、Gracias a la vida)は、ビオレータ・パラ作詞作曲のフォルクローレの楽曲。

概要編集

1966年発表のヌエバ・カンシオンの曲に分類されるもの。チリシンガーソングライターのビオレータ・パラ最後のアルバムにあった曲である。その翌年の1967年2月5日、彼女は自殺する。その後、1970年に政権樹立したチリの人民連合政権で、この歌はヒットする。1973年9月11日ピノチェトらによるクーデター後も、弾圧されていた反独裁勢力に歌い継がれる。

1974年、アメリカ合衆国のジョーン・バエズがカヴァーして、アメリカ国内でもヒットする。

YouTubeでも、ビオレータ・パラの自作自演[1]メルセデス・ソーサの歌唱[2]や、月田秀子の歌唱[3]、いくつかアップロードされている。

カヴァー編集

アルゼンチン

アメリカ合衆国

ブラジル

脚注編集

外部リンク編集