メインメニューを開く

月田 秀子(つきだ ひでこ、1951年1月24日[1] - 2017年6月16日[2])は、ファド歌手東京都生まれ。立命館大学文学部中退。

関西芸術アカデミー俳優養成所を経て、未知座小劇場に入団。女優として活動する傍ら菅美沙緒出口美保の下でシャンソンを学び、1980年に「シャンソニエ・ジルベール・ベコー」でデビューを果たした。

その後アマリア・ロドリゲスに影響を受け、本格的にファドの世界へ。1987年にはポルトガルに留学し、ファド歌手としてデビュー。日本初の本格的ファド歌手として普及活動に貢献。

2006年頃線維筋痛症を発症するが、闘病しながら活動を続けていた[3]2010年ポルトガル大統領よりメリト勲章を受ける。

2017年6月16日、肺がんのため死去[2]。66歳没。

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.514
  2. ^ a b “月田秀子さん、肺がんのため死去 アマリア・ロドリゲスが歌唱力を称賛”. サンケイスポーツ. (2017年6月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170618/geo17061805000005-n1.html 2017年6月18日閲覧。 
  3. ^ 「襲い来る痛みの中で ~ 線維筋痛症の現状」”. 上柳昌彦のお早うGoodDay!. ニッポン放送 (2010年6月7日). 2013年5月11日閲覧。

外部リンク編集