人間不信(にんげんふしん、: misanthropy: die Menschenfeindlichkeit)とは、何らかの原因で他人を信じられなくなること。狭義では一般的な社会生活を行えないほどの重度の症状を指すが、広義には人間関係のいざこざによる軽度のものも含まれる事がある。人間嫌い(にんげんぎらい)、厭人(えんじん)、厭人家(えんじんか)ともいう。

概要編集

原因はさまざまだが、遺伝と環境の主な二つなものに大別される。虐待やそれに準ずる環境、あるいは犯罪被害(特に詐欺横領などの知能犯)による深いトラウマ、人間関係の構築の失敗などが挙げられる。人間不信は社会生活を営む人間にとって深刻な状態である [1]。精神病と関連するものと、そうでないもの(一例として、ドイツ民主共和国の「シュタージ」)がある。

人間同士の障碍を言うことが多いが、などが人間による虐待を受けるなどして陥ることもある。

治療法編集

根本的な治療法が確立されているわけではないが、一般的に治療の際は、精神科心療内科医師心理カウンセラーに通院し、過去の問題やトラウマと立ち向かい(「トラウマ#治療」・「心的外傷後ストレス障害#治療」も参照)、克服する方法が行われる。

なお、「人は互いに理解し合おうとする存在である」ということに気づけるようサポートし、人間不信の克服を支援した事例を紹介している研究もある[2]

人間不信を扱った作品編集

脚注編集

  1. ^ 人間不信は社会生活において深刻...克服に重要な2つの考え方”. DoctorsMe (2016年11月1日). 2017年11月15日閲覧。
  2. ^ 落合良行 (1991). 心理的離乳に伴う人間不信とその克服. 日本教育心理学会総会発表論文集, 1991年 33巻 p.281-282, doi:10.20587/pamjaep.33.0_281

関連項目編集