自律神経失調症

自律神経機能の失調によると思われる病態の総称

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)とは、症状名であり、心(こころ)の病気である神経症(ストレス、ノイローゼとも称される)に伴う身体症状の中の自律神経/内臓症状のこと[1]。心因性自律神経障害(psychogenic autonomic dysfunction)とも呼ばれる。

自律神経失調症
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
精神医学, 心身医学
ICD-10 G90
ICD-9-CM 337.9
MeSH D001342
テンプレートを表示

概念編集

心(こころ)の病気である神経症では、不安・焦燥(いらいら・カッとなる/きれる)・恐怖(対人恐怖/ひきこもり・閉所・アスパラガス等)・強迫(潔癖・手洗い・自傷等)などの不適応行動・不眠などの睡眠異常と共に、様々な身体症状を呈することが少なくない。神経症に伴う身体症状を、身体症状症 somatic symptom disorder, SSD (心身症 psychosomatic disorder, ヒステリーとも称される)といい、以下のような多彩な症状がみられる:

意識: 昏/意識障/記憶障

運動: 麻痺(片麻痺・対麻痺など)[1]/失・痙/不随意運動

感覚: 感覚低下・過/しび/全身の痛/頚肩腕症候/疲/張性頭/顎関節/喉の締め付け感(ヒステリー球)[2]/舌/胸部痛など

特殊感覚: 視力低(求心性視野狭窄)・過敏、複視(輻輳調節痙攣)[3]、聴力低・過/耳/良性発作性頭位めま、嗅覚味覚低・過敏

自律神経: 内臓症状

これらの中で、神経症に由来する自律神経/内臓症状を、心因性自律神経障害/自律神経失調症(東邦大学 阿部達夫・筒井末春1967年)という場合がある。

(解説)意識・運動・感覚・特殊感覚・自律神経は、神経の症状(系統)であり、病名でない/病気の原因でないことに注意。


自律神経機能の異常の原因として、脳神経内科/脳神経外科疾患によるもの(自律神経不全 neurogenic autonomic dysfunction/failure) (臥位から立位をとることにより血圧が50-100 mmHg下降して失神したり、尿閉やイレウスで緊急受診する場合もある)と、精神科疾患によるもの(自律神経失調症/身体症状症としての自律神経症状 psychogenic autonomic dysfunction) (脳神経内科疾患と異なり、一般に程度は軽度から正常のことが多く、感覚過敏・痛みをしばしば伴う)との2型があり、両者を「機能性」と称する。すなわち、自律神経失調症の診断のためには、自律神経不全を充分に鑑別しておく必要がある。

(解説)整形外科/脳神経外科の病気の1つに脊髄損傷がある。頚部で脊髄損傷をきたすと、病気の部位から下に麻痺、感覚低下/しびれ痛みと同時に、尿閉(排尿が出来ない状態)、便秘(しばしば高度)、起立性低血圧(臥位から立位をとることにより血圧が下降する状態)を来す。精神科の病気(身体症状症)がこの状態を真似る場合があり、その診断には、整形外科/脳神経外科/脳神経内科の病気を鑑別することが必要となる。

症状編集

動悸/血圧が激しく上下する、立ち眩み/朝起きられない(神経調節失神)、空気嚥下/吐き気/胃痛/腹痛/胃もたれ/下痢/便秘(過敏性腸症候群)、頻尿、冷汗/ほてり/冷えなどの自律神経症状を呈する(出現の仕方が、自律神経不全のそれと異なる)。特徴として

①機会依存性(人と会った時のみ症状が出るなど)がしばしばみられる。

②通勤通学の困難・引きこもりといった情動精神症状、手足・肩・頭の痛みやしびれといった疼痛・感覚症状、耳鳴り/めまいがする(良性発作性頭位めまい)・目が見えにくいといった特殊感覚症状、食事に関する症状[やせ/拒食(心因性食思不振症)[4]、肥満/過、稀に多飲(水中毒)[5]]、不眠症どの睡眠障害、頭が締め付けられぼーっとするといった意識の症状、イライラ、過呼吸、などの内臓症状以外の症状がしばしば同時にみられる。

病態編集

上述の如く、精神疾患に伴う自律神経症状に対して、機能検査を行うと、程度は軽度から正常のことが多く、感覚過敏・痛みをしばしば伴う。情動(うつ病・神経症)の脳内機序として、脳内セロトニンGABAの低下、脳内CRFの上昇が知られ、脳内ノルエピネフリンについて上昇と低下の両者が報告され一定していない。うつ病・神経症での末梢自律神経の指標である末梢血ノルエピネフリン(交感神経)[6]、アセチルコリンエステラーゼ(副交感神経)ついては、共に上昇が報告されており、交感神経と副交感神経のバランスがくずれる/乱れがある/異常がある、とは言えないように思われる。

治療編集

症状の改善のためには、元の病気の治療が必要といえる。心(こころ)の病気である神経症とその身体症状に対して、精神科(心療内科)医師と、消化器科/循環器科/泌尿器科等の身体科医師が協力して、神経症の診療と、それに由来する内臓症状の診療を、同時に行うことが、治療の近道と考えられる。治療には精神科医師による精神療法・行動療法や、抗不安薬等を用いた薬物療法などが行われている。

[脚注の使い方]


関連項目編集

  • 神経症
  • 身体症状症
  • ノイローゼ
  • ストレス
  • 自律神経

外部リンク編集

  1. ^ 東野英明、「自律神経異常に起因する疾病とその対策」『日本良導絡自律神経学会雑誌』 2006年 51巻 3号 p.94-104, doi:10.17119/ryodoraku1986.51.94